【歩・過】東海道五十三次踏破・箱根越え上り~その4

カテゴリ:【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)
~2010年からスタートして現在中断中の、東海道を日本橋から京都まで歩く企画の過去分です。ここでは日本橋~金谷までを取り上げます。途中の文章もその当時に書いたものです。


【あんたこの山越えをどう思う】
(サブタイトルは必殺シリーズ風。今回は必殺仕業人)
2010年4月18日の続き

七曲がりのヘアピンカーブ_H26.04.18撮影
七曲がりのヘアピンカーブ H26.04.18撮影

ここからはしばらくアスファルトの道を歩く。1.2kmの区間にで7回もヘアピンを作っただけあり、相当キツく長い坂道。アスファルトの道では間違いなく本日一番の坂である。

葉桜_H22.04.18撮影
葉桜 H22.04.18撮影

この辺りではちらほらと葉桜が道沿いに残っている。

残雪_H22.04.18撮影
残雪 H22.04.18撮影

また道端に先週の積雪の残りが点々と残っている。

橿木坂の碑_H22.04.18撮影
橿木坂の碑 H22.04.18撮影

14:22 樫の木坂バス停。七曲りの中でももっともつらいところ。そばに橿木坂の碑と案内板がある。案内によると断崖に橿木があったのでこの名がついたとのこと。東海道名所日記という史料によると、あまりに坂が険しいためにある男が詠んだ歌が“橿の木のさかをこゆれば、くるしくて、どんぐりほどの涙こぼれる”まさにその通りで街道の中でも難所といわれているようだ。所々で立ち止まりながら坂を登っていく。

小田原の街?_H22.04.18撮影
小田原の街か? H22.04.18撮影

周囲は360度、山だが、後方の遠くに小田原?らしき町が見えている。本日のアスファルト道は、歩道が無いところが殆どなので車が怖い。この辺りは急坂なのでアスファルトを焦がすタイヤのにおいが時折匂っている。

見晴らし茶屋_H22.04.18撮影
見晴らし茶屋 H22.04.18撮影

14:32 見晴らし茶屋到着。ここで休憩。100%っぽいオレンジジュースが沁みる。ここはとろろそばが名物らしいが食べてしまうと、せっかく消費したカロリーが無駄になってしまうので我慢。この旅はダイエットも兼ねているのだ。店員さんの“歩いて来られたんですか?”の言葉を期待したが特に無し。こちらも、知らない店で雑談を先に仕掛けるのは負けと思っているので話しかけず。

14:49 再スタート。また同じ程度の坂道を登っていくが、今度はほぼ真っすぐな道なので気持ち的には少し楽だ。

猿すべり坂バス停付近_H22.04.18撮影
猿すべり坂バス停付近 H22.04.18撮影

14:58 猿すべり坂バス停。ここでも1箇所ヘアピンがある。地図によるとヘアピンカーブはもうないようだ。

追込坂の碑_H22.04.18撮影
追込坂の碑 H22.04.18撮影

15:04 追込坂。ここから暫くゆるい下り坂になる。下り坂が天国のように感じる。箱根のてっぺんまであと少しということで追込坂とついたのだろうか?

親鸞の旧蹟_H26.04.18撮影
親鸞の旧蹟 H26.04.18撮影

近くには東国教化の帰りに親鸞が、弟子を再度東国に残すため、ここで別れた旧蹟の碑も残っている。激しい上りの後のゆるい下りなので、偉い人でも考える余裕が出来たのかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:神奈川 - ジャンル:地域情報

2014.06.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR