【散】京都駅から三条京阪を歩く(H26.06.07) その4

カテゴリ:【散】京都の散歩道~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。


名酒館タキモト_H26.06.07撮影
名酒館タキモト H26.06.07撮影

文子天満宮をあとにして間之町通りを北上し、六条通りに出たら東へ向かいます。七条、五条通りは車の通る大きな通りですが、六条通りはちょっと広めの路地と言った感じです。見えてきたのはレンガ色の建物、名酒館タキモト。開店していないにもかかわらず、酒好きの私は思わずここで足を止めてしまいました。こちらは創業百十数年の老舗で、焼酎、地酒、ワインが専門だそうです。

市比賣神社_H26.06.07撮影
市比賣神社 H26.06.07撮影

そのまま進むと、六条通りが少し南側に傾いて河原町通りに突き当ります。河原町通りを北上すると、最初の信号で見えてきたのが、市比賣神社(いちひめじんじゃ)。市バスの車内アナウンスで名前をよく聞きますが、注意して見たのは初めてでした。何とマンションの中に神社があります。日常に寺社が密着しているのが何とも京都らしい光景です。

市比賣神社_H26.06.07撮影
市比賣神社 H26.06.07撮影

マンションの1階部分が社務所になっており、その部分に一の鳥居代わりの赤い門があるという面白い設計です。神社をこの地に残すために、きっと色々なことがあってこの形に落ち着いたのでないでしょうか・・・と勝手に想像してみましたが、折角なので参拝させて頂きます。

市比賣神社本殿_H26.06.07撮影
市比賣神社本殿_H26.06.07撮影本殿 H26.06.07撮影

社務所の前を抜けて石鳥居をくぐるとすぐに本殿です。写真の右側はマンションの一部で、写真奥の本殿はマンションとは別の平屋の建物になっています。市比賣神社は祭神に5柱の女神を祀る神社で、平安遷都の際に、左右両京の市場を守護する神社として創建されたのが始まりです。本殿にお参りしてから境内を歩きます。

カード塚_H26.06.07撮影
カード塚 H26.06.07撮影

商売に関連するからかどうか分かりませんが、使用済みのカードを供養するカード塚というものがありました。オブジェの脇に置いてあるガラスの壺に使用済みのカードを納めるというスタイルです。そういえば、市比賣神社ではカード型のお守りもありました。これからの神社は色々なニーズに応えなければなりません。アイデア勝負でなかなか大変ですね。

市比賣神社の絵馬_H26.06.07撮影
市比賣神社の絵馬 H26.06.07撮影

現代の市比賣神社は商売繁盛と子供・女性を守護する神社で女人厄除祈祷所として知られています。絵馬も女性をモチーフにした可愛らしいデザインです。

姫みくじ_H26.06.07撮影
姫みくじ H26.06.07撮影

皇室の産湯に使われていた天之真名井(あまのまない)の脇には小さな達磨のようなものが沢山の置かれています。これは姫みくじといって、この中におみくじが入っているのですが、容れ物は持って帰っても願い事を書いてここに納めて行ってもいいそうです。(続く)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.07.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR