【散】京都駅から三条京阪を歩く(H26.06.07) その5

カテゴリ:【散】京都の散歩道~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。


高瀬川_H26.06.07撮影
高瀬川 H26.06.07撮影

河原町通りを横断して東へ進むと高瀬川沿いの道に出ます。車が多く賑やかな河原町通りから、少し入っただけで急にしっとりとした風情の住宅地の街並みに変わります。川の流れが緩いせいか、落ち葉が浮いていて少し澱んだ感じです。

生活用の小橋_H26.06.07撮影
生活用の小橋 H26.06.07撮影

少し南側には、こんな小さな橋がかかっていました。50センチほどの細い橋です。地元の方の手製なのでしょうか。ここから五条通りまでこのような小さな橋が3本ほどありました。欄干にはひらがなで"のりものおことわり"と書かれています。

閉鎖された家屋_H26.07.06撮影
閉鎖された家屋 H26.07.06撮影

先程、河原町通りから入ってきた角に、このような家屋があります。入口は閉鎖され、使用されていないようです。入口には"第二西菊"と赤い文字で記され、窓には、少し昔風のブラインドのようなものが取り付けられています。

閉鎖された家屋_H26.07.06撮影
閉鎖された家屋 H26.07.06撮影

こちらはもう少し町屋の風情の建物で"羽衣"と書かれています。感の良い方ならもうおわかりでしょうが、実はこの辺りは、"五条楽園"とよばれた旧遊郭街です。祇園などの花街と違う所は、この街は芸妓も娼妓も存在する花街で、戦後のいわゆる赤線地帯とよばれた場所でした。長らく営業を続けていましたが、2010年(平成22年)に京都府警の取締により閉鎖され、遊郭としては一部が廃墟のようになり、すでに取り壊しが進んでいます。

閉鎖された家屋_H26.07.06撮影
閉鎖された家屋 H26.07.06撮影

こちらの建物の唐破風も遊郭としての歴史を感じさせます。このブログは、女性の方も多く見て頂いているので、今回、五条楽園を御紹介しようかどうするか迷ったのですが、京都の表の顔も裏の顔をありのままに紹介したいという思いから、敢えて取り上げてみることにしました。私がよく行く東京のスナックで、京都にしばらく住んでいた年配の方に伺うと、"五条楽園"は京都では、その筋を知っている人には有名な場所だったとのことでした。

高瀬川沿いのあじさい_H26.06.07撮影
高瀬川沿いのあじさい H26.06.07撮影

高瀬川沿いを歩いて行くと、ちょうど、今の季節が盛りのあじさいが満開で並んでいます。川沿いに地元の方が色とりどりのあじさいを育てているようで、手入れをされていました。

高瀬川沿いのあじさい_H26.06.07撮影
高瀬川沿いのあじさい H26.06.07撮影

こぼれるような白いあじさいの花が美しい。あじさいが少しだけ旧遊郭街の名残を残しているように思えました。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.07.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR