【散】京都駅から三条京阪を歩く(H26.06.07) その6

カテゴリ:【散】京都の散歩道~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。


源融河原院跡_H26.06.07撮影
源融河原院跡 H26.06.07撮影

五条通りの手前には大きな1本の榎が植わっています。この辺りにはかつて、源氏物語のモデルで知られる源融の"河原院"とよばれる大邸宅がありました。この榎は邸内にあった森の名残だと案内板に書かれています。"河原院"から″河原町通り"の名が生まれたそうです。

榎大明神_H26.06.07撮影
榎大明神 H26.06.07撮影

後ろには建物の黒壁にぴたりとくっついた鳥居があります。この中には榎大明神が祀られており、この榎はその御神木です。またこの木は京都市下京区の"区民の誇りの木"にも選出されています。

祠と鴨川_H26.06.07撮影
祠と鴨川 H26.06.07撮影

建物の裏には小さな祠があり、その前には鴨川の景色が広がっています。鴨川は川端通りのある東岸から見ることが多いのですが、西岸からの景色も新鮮でなかなか良いものです。

義経と弁慶像_H26.06.07撮影
義経と弁慶像 H26.06.07撮影

五条通りに出ました。通りの真ん中には、東山をバックに京人形風の弁慶と義経の像が置かれています。人形の向こうが五条大橋です。本当は、弁慶と義経の頃の五条大橋は、一つ北の、今の松原橋の辺りでした。時代は下って、秀吉が方広寺大仏殿造営の際、六条坊門小路に五条大橋を掛け替えさせたそうです。

扇塚_H26.06.07撮影
扇塚 H26.06.07撮影

五条大橋西詰の"うしわか広場"には、扇塚が置かれています。扇が平安時代の初期、この地で初めて作られたと伝えられていることが由来です。平敦盛の妻が、敦盛の没後、出家し、時宗御影堂の寺僧とともにこの地で扇を作ったことから多くの扇職人が集まるようになったとのだとか。

五条大橋_H26.06.07撮影
五条大橋 H26.06.07撮影

現在の五条大橋は、1959年(昭和34年)に掛け替えられたもので、五条通りは、西の堀川通りまで国道1号線になります。このまま五条通りを東へ進むと、東山五条の交差点、清水寺のある清水山の麓に出ます。

料理旅館鶴清_H26.06.07撮影
料理旅館鶴清 H26.06.07撮影

五条大橋を渡って、川端通り側に出ました。川向こうには、堂々たる佇まいの料理旅館の鶴清(つるせ)。鴨川に姿を写す、昭和初期に建造された総檜造りの建物は、京都らしさを感じさせます。このあたりから三条までの鴨川の風景は、京都そのものと言ってもいい位です。(続く)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.07.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR