【散】京都駅から三条京阪を歩く(H26.06.07) その7

カテゴリ:【散】京都の散歩道~街中から山道まで有名無名限らず、色々な京都の散歩道を案内します。京都歩きの御参考になれば幸いです。


宮川町通り_H26.06.07撮影
宮川町通り H26.06.07撮影

五条大橋を渡り、川端通りを横断して一筋東の宮川町通りへ入りました。宮川町通りとは言っても、この辺りはまだ普通の住宅街です。

小半(こなから)_H26.06.07撮影
小半(こなから) H26.06.07撮影

宮川町通りを北へ進むと、酒樽を軒先に積んだお店があります。こちらのお店は"小半"とかいて粉からと読みます。店頭のメニューには、予算5,000円 お料理3~4品 お酒3~4杯/予算7,000円 お料理5~6品 お酒4~5杯/予算9,000円 お料理7~8品 お酒5~6杯と書かれており、思ったよりもリーズナブルな価格です。今度、入ってみたいと思います。

軒先のポンプ_H26.06.07撮影
軒先のポンプ H26.06.07撮影"

道端に手動のポンプがあり、そこから水を汲んで、住民の方が植木に水をあげていました。京都は地下水が豊富なことで知られていますが、産業や神社仏閣だけでなく、一般家庭でもその恩恵に預かっていることがよくわかります。

たばこ屋_H26.06.07撮影
たばこ屋 H26.06.07撮影

昔ながらのたばこ屋さんがありました。郷愁を誘います。昔はこんな感じのお店が日本中にありました。

美容室_H26.06.07撮影
美容室 H26.06.07撮影

こちらも懐かしい感じの美容室です。場所柄、舞妓さんや芸妓さんもたくさん通っているのでしょう。宮川町通りの南半分は花街というよりも、生活感の感じられる懐かしい道でした。六波羅裏門通りを越えると、宮川筋六丁目に入り、ここからが花街としての宮川町になります。そのまま北上し、松原通りに行き当たったところで、一筋西の川端通りへ移動します。

宮川町の紋章_H26.06.07撮影
宮川町と川端通り H26.06.07撮影

川端通りと宮川町の西端の間には1本の細い水路と樹木で隔てられいるため、さながら別の通りのように見えます。この衝立のおかげで川端通りの喧騒も大分、軽減されます。

宮川町の紋章_H26.06.07撮影
川町の紋章_H26.06.07撮影

この三つの輪の組み合わせたものが宮川町の紋章です。寺社と町屋と花街の三者の結合をイメージしたもの。舞妓養成機関の女紅場を三者が協力して、学校施設にした記念に制定されたそうです。(続く)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.07.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【散】京都の散歩道

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR