【祇】日中の先祭山鉾と屏風祭を巡る~長刀鉾その1

カテゴリ【祇】:祇園祭
~京の夏を彩る華やかな祇園祭の風景を、色々な目線でお届けします。


今回からは日中市内に置かれている山鉾を巡った記録をお届け致します。
長刀鉾_H26.07.16撮影
長刀鉾(なぎなたぼこ) H26.07.16撮影

四条烏丸の交差点から50mほど東、四条通りの北側の長刀鉾保存会の建物前に長刀鉾が建てられています。隣は東横インの四条烏丸、道路を挟んだ正面は最近出来た東急ハンズです。長刀鉾は四条通りの東行きの一車線をふさぐ形で堂々と京都の街にそびえています。

長刀鉾_H26.07.16撮影
長刀鉾 H26.07.16撮影

長刀鉾の大きさはこの写真でわかるでしょうか?ビルの7~8階位の高さがあります。長刀の先端までは21.7mもあるそうです。長刀鉾は応仁の乱以前にもその存在が記録に残っており、創建は嘉吉元年(1441)と言われています。

長刀鉾の鉾頭_H26.07.16撮影
長刀鉾の鉾頭 H26.07.16撮影

鉾頭は疫病邪悪を払うと云われている大長刀。長刀の刃は八坂神社と御所には向けないそうで、見上げてみると確かに南側に向けてありました。かつては三条小鍛冶宗近作の大長刀を飾っていたこともありますが、現在は木製のものに銀箔のものを用いています。落下したら危ないからとか雷を避けるためでしょうか?

長刀鉾_H26.07.16撮影
長刀鉾 H26.07.16撮影

山鉾の巡行順は、毎年くじ引きで決まりますが、9基の山鉾は"くじ取らず"と言って、巡行順があらかじめ決まっています。長刀鉾もその一つで毎年、必ず先祭の先頭を進む鉾です。長刀鉾が一番であるのは、長刀鉾の位置が基準になっているようで、八坂神社に一番近い長刀鉾が、先に移動しないと他の山鉾が動けないということもあるようです。また写真ではわかりづらいですが、屋根には金色の鯱があります。鯱を飾るのは長刀鉾だけです。

長刀鉾の胴掛_H26.07.16撮影
長刀鉾の胴掛・見送 H26.07.16撮影

かつては長刀鉾を飾る懸装品には、16~18世紀の豪華なペルシャ絨毯が用いられていました。懸装品によって各山鉾の町衆(ちょうしゅう)達が、その財力を競い合ったそうです。現在の巡行では、復元品を使用していますが、それでも充分なほど、目にも鮮やかなで豪華なものです。(懸装品の詳細は"祇園祭山鉾連合会のHP"をご参照ください。)

長刀鉾の車輪_H26.07.16撮影
刀鉾の車輪 H26.07.16撮影

長刀鉾の車輪は直径約2mほどもある大きなものです。長刀鉾の重量は11.1トン(2008年計測・囃子方の体重や懸装品込み)なので、小さな家位の大きさは有ります。車輪は付いているとはいえ、この大きさのものを毎年建てて、市内を巡行するのですからすごいことです。(6年前の記事ですが面白い記事がありました。"山鉾重量測定結果")

長刀鉾の絵葉書_H26.07.16撮影
長刀鉾の絵葉書 H26.07.16撮影

グッズを購入すれば、一般の方も長刀鉾に搭乗出来ます(但し女性と忌中の方は不可)。私は鉾脇のテントで5枚で1セット500円の絵葉書を購入しました。写真の絵葉書は長刀鉾と橋弁慶山です。(続く)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.07.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【祇】祇園祭

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR