【祇】日中の先祭山鉾と屏風祭を巡る~船鉾

カテゴリ【祇】:祇園祭
~京の夏を彩る華やかな祇園祭の風景を、色々な目線でお届けします。


船鉾_H26.07.16撮影
船鉾(ふねほこ) H26.07.16撮影

岩戸山から新町通りを北へ。新町通には仏光寺通りを挟んで、まるで岩戸山とにらみあっているかのような位置関係の船鉾が現れました。ここは新町通綾小路下る船鉾町です。船鉾は"ふなほこ"と読みたくなりますが"ふねほこ"と読みます。

船鉾_H26.07.16撮影
船鉾 H26.07.16撮影

今まで見てきた"鉾"とも"山"とも違う、名前通りの船の形状です。山鉾の分類上では"船鉾"という分類に入ります。船鉾は鉾ではありますが、長刀鉾のように真木を立てません。

船鉾_H26.07.16撮影
船鉾(後部) H26.07.16撮影

船の形をしている"船鉾"は、この船鉾と今年150年ぶりに復活した大船鉾の二つだけです。この船鉾は、くじ取らずで先祭の23番目、トリを巡行します。

船鉾の車輪_H26.07.16撮影
船鉾の車輪 H26.07.16撮影

船鉾も車輪によって巡行します。重量・8.41トン(巡行時で人、懸装品含む)高さ・6.7メートルの鉾を支える直径約2メートルの巨大な車輪です。

船鉾_H26.07.16撮影
船鉾 H26.07.16撮影

船鉾は700円で拝観することが出来ます。こちらは男女問わず拝観可能です。

船鉾の埒(らち)_H26.07.16撮影
船鉾の埒(らち) H26.07.16撮影

この案内のおかげで、鉾を囲う木の柵を埒とよぶことが分かりました。調べてみるともともとは、馬場の周囲に巡らせた柵のことを云うようです。そこから発展して、物事の区切りを意味するようになりました。"らちがあかない"の"らち"は、この埒のことです。

船首の鷁(げき)_H26.07.16撮影
船首の鷁(げき) H26.07.16撮影

船首に付けられた黄金の鳥は、中国の想像上の動物で鷁です。風に耐えて大空をよく飛ぶと云われています。宝暦年間(1751~1764)に製作されたものです。

船体の龍_H26.07.16撮影
船体の龍 H26.07.16撮影

船体には波間から顔を出す龍も刻まれています。いかにも勇ましい船鉾は、神功皇后の新羅出征のエピソードがモチーフで、これから戦に向かう様子を表しているので、出陣の船鉾とよばれています。船鉾の御神体は神功皇后と磯良(龍神)・住吉・鹿島の三神を祀ります。

船鉾のご神体_H26.07.16撮影
船鉾のご神体 H26.07.16撮影

会所には神功皇后以外の三体が公開されていました。主神の神功皇后は大鎧をつけた戦支度の男装です。皇后は身重のまま出船して勝利した為、船鉾の御利益は安産です。巡行時の神功皇后のご神体には、岩田帯が沢山巻かれ、祭の後、岩田帯が妊婦に授与されるそうです。

船鉾の手作りパンフレット_H26.07.16撮影
船鉾の手作りパンフレット H26.07.31撮影

船鉾を取材していたら、小学生の女の子が学校の授業で作ったという手作りのパンフレットをくれました。近所の洛央小学校の5年生が作ったものだそうです。ものすごく暑い中、一生懸命、皆で声をかけて配っている姿に心打たれました。

船鉾の手作りパンフレット_H26.07.16撮影
船鉾の手作りパンフレット H26.07.31撮影

こんな魅力的な街で大きくなれるなんて本当に羨ましいです。洛央小学校の5年生の皆さん、素敵なパンフレットをありがとう。今でも大事にとってありますから。そんなこともあって、今回の先祭の推し鉾は船鉾に決めました。(続く)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.07.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【祇】祇園祭

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR