【祇】日中の先祭山鉾と屏風祭を巡る~綾傘鉾

カテゴリ【祇】:祇園祭
~京の夏を彩る華やかな祇園祭の風景を、色々な目線でお届けします。


配達中のドライバー_H26.07.16撮影
配達中のドライバー H26.07.16撮影

船鉾からすぐそばの綾傘鉾への移動中です。船鉾の方へ台車を押していく佐川のドライバーを見かけました。この時期、この近辺はトラックが使えないのでしょう。この日はヤマト運輸、郵便局の配達も見かけましたが実に大変そうでした。本当にお疲れ様です。祇園祭を影で支える方達です。

綾傘鉾_H26.07.16撮影
綾傘鉾へ H26.07.16撮影

新町通りと交差する綾野小路通を東に入ると、棒振り囃子で知られた綾傘鉾です。綾傘鉾の鉾町は綾小路通室町西入ル善長寺町になります。

綾傘鉾_H26.07.16撮影
綾傘鉾 H26.07.16撮影

綾傘鉾は、今まで見てきた山鉾とは全く異なったくらげのような形状をしていますが、種類としては"鉾"の中の"傘鉾"に分類されます。他に傘鉾は四条傘鉾がありますが、傘鉾は鉾の非常に古い時代の形態を残しているそうです。

綾傘鉾_H26.07.16撮影
綾傘鉾 H26.07.16撮影

綾傘鉾は鉾でも乗りこむことはできません。その代わりに、棒振り囃子の行列と6人の稚児を従えて巡行します。綾傘鉾の行列は、山鉾の中では最大級の長さだそうです。先祭の巡行時には、7番目(傘鉾一番)か15番目(傘鉾二番)のどちらかを進みます。今年は綾傘鉾が傘鉾一番です。

綾傘鉾の台車_H26.07.16撮影
綾傘鉾の台車 H26.07.16撮影

この台車の上に直径2.6mの緋傘の天蓋を取り付けます。綾傘鉾は2基あり、一緒に巡行しますが、この日出されていたのは先頭を行く1基目の綾傘鉾です。1基目の綾傘鉾の頂には、御神体の木彫りの鶏、2基目には松の木が飾られます。

傘垂がり_H26.07.16撮影
傘垂がり H26.07.16撮影

傘垂がりに描かれているのは"飛天の図"です。暑い中でも、時折吹く風に揺らめく飛天の姿が実に優雅。綾傘鉾のご利益は安産・縁結びですが、このふくよかで美しい天女を見ているとそれもうなずけます。製造した会社のHPでは、法界寺の阿弥陀堂の内陣壁画の飛天図をアレンジして作成したと紹介されていました。

台車の金具_H26.07.16撮影
台車の金具 H26.07.16撮影

台車の金具には、精巧で美しい龍が彫り込まれていました。小さくても、所々が見逃せない鉾です。

御神体の鶏_H26.07.16撮影
御神体の鶏 H26.07.16撮影

町内の大原神社が綾傘鉾の会所になっていました。覗いてみると、御神体の雄鶏が飾られています。神職の方によると、金の卵を右足に持つ雄鶏は、夜の闇を晴らすことを意味しているとか。祇園祭自体が疫病神を祀って鎮めるためのものですが、棒振り囃子も疫病神に踊りを見てもらい、彼らを鎮めるためのものだそうです。

綾傘鉾_H26.07.16撮影
綾傘鉾 H26.07.16撮影

綾傘鉾には後援会があるとHPに書かれています。後援会に入ると年会費1万円で山鉾巡行に参加できるそうです。祇園祭の時期に休暇が取れる方なら、祭に参加できるチャンスかもしれません。(続く)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.08.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【祇】祇園祭

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR