【祇】日中の先祭山鉾と屏風祭を巡る~鶏鉾

カテゴリ【祇】:祇園祭
~京の夏を彩る華やかな祇園祭の風景を、色々な目線でお届けします。


鶏鉾_H26.07.16撮影
鶏(にわとり)鉾 H26.07.16撮影

綾傘鉾から東に抜けて、室町通りを北へ上がると鶏鉾が鎮座しています。鶏鉾は、長刀鉾や月鉾などと同じ〝曳き鉾〝という分類で、皆さんがイメージする形の一般的な鉾です。"とりほこ"と読みそうですが"にわとりほこ"と読みます。


"雞"の字を使った提灯 H26.07.16撮影

昔は"鶏"を"雞"と書いていたそうで、鉾の中の提灯は古い文字を使用しています。鶏鉾の御利益は厄除けです。闇を払う鶏には、確かに厄除けのご利益がふさわしいかもしれません。

ビルと鶏鉾_H26.07.16撮影

鉾町は室町通四条下ル鶏鉾町です。すぐそばが四条烏丸のため周辺もビルが立ち並んでいます。ビルと背比べをするかのような鶏鉾の高さは約24m。重量は平成20(2008)年の計測で、囃子方、懸装品も含めて9.42t、全山鉾中7番目、真木を建てるタイプの鉾の中では最軽量です。屋根に立てた真木の中程にある天王座(てんのうざ)には船中で月を仰ぐ、住吉明神を祀っています。

鉾と電線_H26.07.16撮影
鉾と電線 H26.07.16撮影

鉾が高いので電気設備の保護も欠かせません。そういえば、大阪に住む叔父が京都は観光地なのに、電線が多くて見苦しいと言っていたのを思い出しました。

鶏鉾の鉾頭_H26.07.16撮影
鶏鉾の鉾頭 H26.07.16撮影

鉾頭は鶏と思いがちですが、紅白を互い違いに巻いた三角形の中に円形です。鶏鉾の題材は古代中国の故事からきており、堯の時代に天下がよく治まり、訴訟用の太鼓(諌鼓~かんこ)も使われることがなく、苔が生え鶏が宿ったことに由来しています。鉾頭の三角形が諌鼓で円形が鶏の卵であるとも云われていますが、はっきりした記録は無いそうです。

鶏鉾の下水引_H26.07.16撮影
鶏鉾の下水引 H26.07.16撮影

鶏鉾といえば、重要文化財のトロイの王子と妻子の別れを描いた16世紀ベルギー製の見送が知られていますが、この日は、残念ながら複製も見ることができませんでした。写真上部は松村呉春ら四条派の絵師が下絵を描いた金地綴錦の「唐宮廷楼閣人物図」です。

鶏鉾の下水引_H26.07.16撮影
鶏鉾の下水引 H26.07.16撮影

こちらは前側です。高級官人らしき人物が描かれているのがわかります。浴衣姿の女性が映りこんでいますが、鶏鉾も他の鉾同様、男女にかかわらず搭乗することが可能です。

鉾への渡り廊下_H26.07.16撮影
鉾への渡り廊下 H26.07.16撮影

搭乗には粽や鶏鉾グッズの購入が必要です。会所のあるビルの渡り廊下から鉾に入ります。

鶏鉾の下水引_H26.07.16撮影
鶏鉾の下水引 H26.07.16撮影

巡行時には見送で隠れてしまうと思われる部分の下水引です。一般庶民でしょうか、船に乗る人たちが描かれていました。(鶏鉾の懸装品についてはこちらの方のHPがとてもよく作られています。)

破風の鶏_H26.07.16撮影
破風の鶏 H26.07.16撮影

鶏は破風の部分に居ました。雄と雌のつがいになっています。写真は後部の破風ですが、鶏は前部の破風にも置かれています

車輪_H26.07.16撮影
車輪 H26.07.16撮影

ここでは鉾を支える車輪の厚みを撮ってみました。車輪の大きさは2メートルくらい、厚さも20センチくらいはありそうです。

山鉾の御朱印ポスター_H26.07.16撮影
山鉾の御朱印ポスター H26.07.16撮影

鶏鉾で山鉾の御朱印を所在地の通りに押した祇園祭のポスターを見つけました。次回ははじめから御朱印帳を持って巡りたいですね。朱が先祭、黒が後祭の山鉾です。

鶏鉾の手作りパンフレット_H26.07.16撮影

鶏鉾の手作りパンフレット_H26.07.16撮影
鶏鉾の手作りパンフレット H26.07.16撮影

船鉾同様、こちらでも洛央小学校の5年生の皆さんが作った鶏鉾のパンフを頂きました。大人しそうな男の子が、勇気を出して、私にパンフレットを差し出してくれたのを覚えています。お子さんにはひげ面のおじさんは怖かったかな。今回も参考にさせて頂きました。どうもありがとうございました。。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.08.05 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【祇】祇園祭

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR