【祇】日中の先祭山鉾と屏風祭を巡る~芦刈山その1

カテゴリ【祇】:祇園祭~京の夏を彩る華やかな祇園祭の風景を、色々な目線でお届けします。


芦刈山_H26.07.16撮影
芦刈山へ H26.07.16撮影

休憩した喫茶店を出ると、西洞院通を挟んで綾小路通に芦刈山が見えます。鉾町は綾小路通西洞院西入ル芦刈山町です。先ほど見た伯牙山との距離が大部近く感じます。二つの山がにらみ合っていて、まるで戦でも始めるかのよう。

芦刈山_H26.07.16撮影
芦刈山 H26.07.16撮影

芦刈山は、夫婦和合をテーマにする謡曲”芦刈”を題材にする舁山で、御神体である老翁の人形は芦を刈る場面を表現しています。応仁の乱以前、芦刈山は他の2か所の町から出ており、こちらの町では"住吉山"という山を出していたそうです。応仁の乱後にこの町のみが芦刈山を出す様になったとか。ちなみに芦刈山の公式HPでは、長さ4.04m、高さ約5m、幅2.3m、重さ:約0.64トンと成っています。

芦刈山胴掛 H26.07.16撮影
芦刈山胴掛 H26.07.16撮影

屋外の山の上に直接、懸装品が懸けられていました。今まで見てきた山ではないことです。ビニールもかかっていないので、直接観賞することが出来ます。屋内の展示よりも実感があって、嬉しいですね。

芦刈山胴掛_H26.07.16撮影
胴掛 H26.07.16撮影

錦織の"豊公獅噛鳥獣文様"と説明されています。タッチが漫画チックで可愛らしい動物たちです。比較的新しい1990(平成2)年の作品です。

芦刈山見送 H26.07.16撮影
見送 H26.07.16撮影

見送は”鳳凰と幻想動物に牡丹の図”です。この写真だと図柄がよく判りづらいのですが中央に描かれているのが鳳凰です。16世紀末(明時代)の作品だそうですが、こんな貴重な作品を戸外に展示していて急な雨など大丈夫か心配になってしまいました。

芦刈山前懸_H26.07.16撮影
前懸 H26.07.16撮影

前懸は、ライオンがにらみを利かせている”凝視図”です。 文化勲章も受章した日本画家、山口華楊原画の1986(昭和61)年制作の段通(高級絨毯)。今にも襲いかかってきそうなライオンはとても迫力があります。

芦刈山会所_H26.07.16撮影
会所 H26.07.16撮影

こちらは染め物を営む個人のお宅ですが、中では屏風祭(びょうぶまつり)が行われています。

屏風祭_H26.0716撮影
屏風祭 H26.0716撮影

祇園祭の期間中、旧家などで自慢の家宝の屏風等を、外から見えるように飾ることを屏風祭といいます。最近は屏風祭を行う所も少なくなってきたそうです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.08.11 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【祇】祇園祭

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR