【祇】日中の先祭山鉾と屏風祭を巡る~芦刈山その2

カテゴリ【祇】:祇園祭~京の夏を彩る華やかな祇園祭の風景を、色々な目線でお届けします。


芦刈山会所_H26.07.16撮影
会所 H26.07.16撮影

芦刈山の会所には警備員も配置されていました。警備員がガードする会所は初めてです。かなり貴重なものが展示されていそうです。

芦刈山御神体_H26.07.16撮影
御神体 H26.07.16撮影

御神体は難波の浦で芦を刈る老翁です。右手に鎌を、左手には芦を持っています。謡曲"芦刈"は、ある夫婦が貧しさのために離別するのですが、富裕になった妻が夫を探すと、夫は落ちぶれて芦を売って暮らしていましたが、再会した二人は、和歌を交わして一緒に都に戻るというハッピーエンドのストーリーです。

芦刈山御神体旧御頭_H26.07.16撮影
御神体旧御頭 H26.07.16撮影

こちらは御神体の旧御頭です。1537(天文6)年、運慶の末弟、運助の7代目康運の作です。目頭に亀裂が入ったため、永久保存されることになったそうです。巡行には複製品をしようと書かれていますが、それでも1722(享保7)年の作品です。

御神体の衣装_H26.07.16撮影
御神体の衣装 H26.07.16撮影

こちらは山鉾最古の衣装である"綾地締切蝶牡丹文片身変小袖"です。1970(昭和45)年に文部大臣名で発行された重要文化財指定書とともに展示されています。

文化財指定書_H26.07.16撮影
文化財指定書 H26.07.16撮影

国宝や重要文化財は、今まであちらこちらで数多く見学してきましたが、指定書というものは初めて拝見しました。

芦刈山の懸装品_H26.07.16撮影
芦刈山の幟と懸装品 H26.07.16撮影

巡行の際に先頭に掲げられる幟は、中継などでも見覚えがあります。手前は山の前部に付けられる金幣です。金幣の後ろは、見送の"唐子嬉遊図"、1820(文政3)年の作品です。唐子(からこ)とは左右にわずかな髪を残した中国風の風俗の子供のことで、唐子が庭園のある邸宅で遊ぶ様が表現されています。子供たちが可愛らしく、思わずほっとするような図柄です。

芦刈山の懸装品_H26.07.16撮影
芦刈山の懸装品 H26.07.16撮影

胴掛で尾形光琳原画の"燕子花(かきつばた)図"です。1994(平成4)年の作品です。手前にある4本のものは、上部しか写せていませんが、山の四隅にぶら下げる角飾というパーツです。

芦刈山の懸装品_H26.07.16撮影
芦刈山の懸装品 H26.07.16撮影

所狭しと展示されていますが、奥が見送りの"鶴図"。芦刈山の"凝視"の見送でご紹介した山口華楊原画で1985(昭和60)の作品です。

芦刈山の懸装品_H26.07.16撮影
芦刈山の懸装品 H26.07.16撮影

胴掛の"雲龍図"は1832(天保3)年の作品です。中華風のドラゴンが8体、雲間に浮かんでいる様子を、刺繍で描いています。

芦刈山の懸装品_H26.07.16撮影
芦刈山の懸装品 H26.07.16撮影

最後にご紹介するのは1832(天保3)年製作の前懸、毛綴の4枚組で"欧風景"という作品です。上部の水引は中国刺繍で"波涛に鳥"。

芦刈山御朱印_H26.08.12撮影
芦刈山の御朱印_H26.08.12撮影

いかがだったでしょうか、サイズやテクニックの関係で充分な写真が撮れておりませんが、芦刈山のHPでは綺麗に撮影された懸装品が一覧することができます。山と会所の懸装品を、じっくり拝見出来た芦刈山でした。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.08.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【祇】祇園祭

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR