【祇】日中の先祭山鉾と屏風祭を巡る~蟷螂山

カテゴリ【祇】:祇園祭~京の夏を彩る華やかな祇園祭の風景を、色々な目線でお届けします。


ミニブログコーナー:
東京は今日辺りから、天気が悪いせいもありますが、ぐっと涼しくなってきました。このまま秋に突入でしょうか?暑いのは苦手なので早く涼しくなって欲しいですね。

蟷螂山へ_H26.07.16撮影
蟷螂(とうろう)山へ H26.07.16撮影

四条通りから東洞院通りを北に入っていきます。この辺りから次の目的地、西洞院通錦小路下ル蟷螂山町です。道の両側はマンションやビルが立ち並んでいて、今まで見てきた風景とは少し趣が変わってきました。鉾町のマンションの住人になると、保存会に参加できる場合があるとも聞きますがどうなのでしょう。会所は大きなマンションの下にありました。

蟷螂山_H26.07.16撮影
蟷螂山 H26.07.16撮影

マンションの前に立っているのが蟷螂山で、"かまきり山"ともよばれます。この山の御利益は厄除けです。蟷螂山は、かまきりの羽や鎌、御所車の車輪が動く仕掛けを持つ、唯一のからくり山として知られています。

御所車とかまきり_H26.07.16撮影
御所車とかまきり H26.07.16撮影

からくりは人が御所車の中に入って動かすので、舁山の中で人が乗り込むのはこの山だけになります。入るのは人形師が4人ということですが、密閉されているのでかなり暑いのではないでしょうか?ちなみに蟷螂山は舁山ですが、真松を立てないので、厳密には屋台という形式になるそうです。

かまきり_H26.07.17撮影
かまきり H26.07.17撮影

弱いものが自分の力を顧みず、無謀な戦いを挑むことを"蟷螂の斧"と言いますが、蟷螂山はこの故事を題材としています。南北朝時代にこの町に住んでいた公家、四条隆資が将軍である足利義詮軍に戦いを挑み戦死した様子が、"蟷螂の斧"のようだったことから、死後25年目の1376(永和2)年に四条家の御所車にかまきりを乗せての巡行が始まりました。

御所車とかまきり_H26.07.16撮影
御所車とかまきり H26.07.16撮影

可愛くも見えるかまきりですが、そのような故事を知ると何か物悲しくもなってきます。蟷螂山は消失と復興を繰り返しますが、最終的に蛤御門の変の大火で焼けてしまい、今見ている蟷螂山は1981(昭和56)年に117年ぶりで再興されたものです。その辺りは昨日ご紹介した四条傘鉾と同じ感じですね。

蟷螂山グッズ_H26.07.16撮影
蟷螂山グッズ H26.07.16撮影

山の脇のテントでは蟷螂山グッズが販売されていました。やはりメインは、かまきりです。テントではテープですが、子供のわらべ歌も流されていて祇園祭の雰囲気が十分感じられます。

かまきりおみくじ_H26.07.17撮影
かまきりおみくじ H26.07.17撮影

昨晩の宵々山でも人気だった"かまきりおみくじ"は本日も大盛況でした。からくり仕掛けのかまきりが、祠からでてくるボール状のおみくじを回転して、くじの引き手に届けてくれます。1回200円です。男性も女性もかまきりの動きに歓声を上げていました。             

蟷螂山のうちわ_H26.08.27撮影
蟷螂山のうちわ H26.08.27撮影

無料配布されていた蟷螂山のうちわです。裏面は祇園祭の地図があります。蟷螂山町にある通信制の高校が宣伝のために配布しているようですが、この高校の生徒が、山の舁き手や売り子として参加しているそうです。やはり町の人口構成の変化で参加者が少ないのでしょうか?

蟷螂山御朱印_H26.08.27撮影
御朱印 H26.08.27撮影

頂いた御朱印は当然のことながら、かまきりの意匠でした。ふりがながわかりやすいように"とうろうやま"になっています。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.08.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【祇】祇園祭

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR