【祇】日中の先祭山鉾と屏風祭を巡る~郭巨山

カテゴリ【祇】:祇園祭~京の夏を彩る華やかな祇園祭の風景を、色々な目線でお届けします。


ミニブログコーナー:
日曜日に"幕末高校生"を見に行きましたが、やはり銀幕に福本先生を発見!クライマックスで玉木宏さん演じる勝海舟が刀を抜かず、鞘でチャンバラをするのですが、見事にエビぞりで斬られていました。絶対、リクエストがあったんだろうな。あとは最近注目していますが、柄本時生さんはいい役者になると思いますね。凄く存在感があります。川口春奈さんとのキスシーンがあったのにはびっくり!
四条通り_H26.07.16撮影
四条通り H26.07.16撮影

再び四条通りに戻りました。次の山は、四条通りの北側に建つ郭巨山(かっきょやま)。山鉾町は四条通西洞院東入ル郭巨山町になります。今年の巡行は先祭の20番目で山第十三番です。

郭巨山_H26.07.16撮影
郭巨山 H26.07.16撮影

郭巨山は、貧困のため母と我が子を養えなくなった後漢の頃の郭巨という人物が、万策尽きて我が子を山へ埋めようとしたところ、黄金の釜を掘り当て、それによって親孝行出来たという中国史話「二十四孝」のエピソードを題材にしています。子はまた出来るけれど、母は再び得ることは出来ないと考え、子を埋めようとというのは、いかにも儒教的ですが、なかなかエグい話です。

郭巨山の屋根_H26.07.16撮影
日覆い屋根 H26.07.16撮影

郭巨山は舁山ですが、日覆い屋根があるのがこの山の大きな特徴です。御神体のある他の山は、日除けに赤い朱傘を立てています。山に乳隠し(ちかくし)と欄縁の両方が取り付けられるのも郭巨山の特徴です。(詳細は郭巨山のHPをどうぞ)

四条通り反対側から郭巨山_H26.07.16撮影
四条通り反対側から H26.07.16撮影

山脇のテントにはどなたもいなかったので、私も近くの喫茶店で休憩することにしました。今日2回目の喫茶店休憩ですが、昼を食べている余裕がまだありません。そそくさと休憩を終えて、四条通り反対側の会所へ向かいます。なぜ通りの反対に会所があるのかと思いませんか?わかりやすい例がありました。こちらのページで"郭巨山町"の文字をクリックして頂けると判るのですが、京都中心部の一つの町は通りを挟んで構成されます。このような町を両側町(りょうがわちょう)というのですが、四条通りの反対側も郭巨山町なのです。

郭巨山会所_H26.07.16撮影
会所 H26.07.16撮影

古い郭巨山の会所も随分と賑わっています。時間が無いため入れませんでしたが、粽は小判があしらわれてれていました。郭巨山の御利益はエピソードの通り、金運開運です。

郭巨山御朱印_H26.08.28撮影
御朱印 H26.08.28撮影

御朱印の一つには釜が描かれています。郭巨山は近年までは釜堀り山ともよばれていたとか。御朱印のふりがなは"かくきょやま"となっています。郭巨山のHPには、ふりがなは付いていないのですが、アルファベット表記が"Kakkyo"となっていたので、"かくきょ"とも"かっきょ"ともいうようです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.08.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【祇】祇園祭

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR