【祇】日中の先祭山鉾と屏風祭を巡る~霰天神山

カテゴリ【祇】:祇園祭~京の夏を彩る華やかな祇園祭の風景を、色々な目線でお届けします。


ミニブログコーナー:家で育てている朝顔に大きな青虫がついているのを発見。ここのところ、葉が減ったと思ってよく探したら10匹以上いました。エビカラスズメと云う蛾の幼虫だそうですが、食欲がすごくて早く駆除しないとだめだそうです。子供の頃は虫平気だったんですが、大人になると気持ち悪くて触れませんね。

錦小路通_H26.07.16撮影
錦小路通 H26.07.16撮影

新町通の放下鉾から錦小路通の霰天神山(あられてんじんやま)へ向かいます。山鉾町は錦小路室町西入ル天神山町、錦小路にあるので別名は錦天神山とも云うそうです。

霰天神山_H26.07.16撮影
霰天神山 H26.07.16撮影

道の片側を空けるように遠慮がちに建てられている霰天神山です。不思議なことになぜか錦小路は車の通行が出来るようになっていました。山の脇にタクシーが映っていますが、先に人混みがあるので立ち往生してこの場所で5分位動けなくなり、結局バックで戻っていました。

霰天神山 H26.07.16撮影
霰天神山 H26.07.16撮影

霰天神山は永正年間(1504~1520)に京都に大火があった際に、突如、霰が降り出し、鎮火したのですが、その時霰と一緒に降ってきた一寸二分(約3.6cm)の天神像を祀ったことが始まりと云われています。先祭では油天神山と共に鳥居と神殿を持つ舁山です。そのため御利益は雷除け・火除けになっており、もう一つの別名は火除天神山とも云います。

霰天神山 H26.07.16撮影
霰天神山 H26.07.16撮影

屋根がついていますが、巡行の際は取り外され、正面以外の欄縁の上に朱塗り極彩色の廻廊を設置、正面に鳥居を置き、中央に唐破風春日造の神殿を安置します。真松とともに紅梅も立てられる美しい山です。

霰天神山会所_H26.07.16撮影
会所 H26.07.16撮影

こちらの奥が霰天神山の会所になっています。入って、山の社殿を拝見したかったのですが、かなりの行列のため今回は残念ながら断念しました。ちなみに霰天神山の鳥居の扁額には"天神"と書かれています。一方、もう一つ、天神を祀る山である油天神山の扁額は"天神山"です。

山第七番_H26.07.16撮影
山第七番 H26.07.16撮影

八坂神社の御朱印のある巡行順を示す紙が張り出されていました。霰天神山は今年、先祭の11番目を進みます。前が太子山、後ろは油天神山で天神様の山が2基続きます。ちなみに、2011(平成23)年は山壱番だったそうです。

会所前_H26.07.16撮影

山から会所の前にも、露店が出て随分と賑わっています。ビルが並ぶ道に立つ朱傘が目に鮮やかです。先ほど、タクシーが入ってこようとしていましたが、この辺り、通行止めでないせいか、たまに車が入ってきます。

膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり_H26.07.16撮影
膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり H26.07.16撮影

会所の隣は、ハイカラかつ年季の入った洋館風の建物です。こちらは膳處漢(ぜぜかん)ぽっちりという北京料理の店で毎年、祇園祭限定のしみだれ豚まんを販売していることでも知られています。醤油だれをたっぷりつけた豚まんで、最終日の宵山の日は売り切れになることもあるとか。

膳處漢(ぜぜかん)ぽっちりの店員さん_H26.07.16撮影
膳處漢(ぜぜかん)ぽっちりの店員さん H26.07.16撮影

通りに美味しそうな匂いが充満しているのは、店員さんが扇風機でミストを発生させているからでしょう。若干、ミストが濃いのが難点です。この先(写真の右手)は、四ツ角の方角全てに山鉾がある山鉾の密集地にはいります。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.09.09 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【祇】祇園祭

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR