【祇】日中の先祭山鉾と屏風祭を巡る~山伏山

カテゴリ【祇】:祇園祭~京の夏を彩る華やかな祇園祭の風景を、色々な目線でお届けします。


ミニブログコーナー:説明的な文章を書くのは難しいですね。ネットで検索すると、皆、文章が同じようになっているのに気付いたりします。なるべくなるべく、自分の文章で書くように努力はしているのですが、固有名詞が多い場合などは、言い回しをかえたりしても、結局コピペみたいになってしまいます。いつも悩んでいるのですが、特に京都に関するブログ書いている方はどうなんでしょう。

室町錦小路_H26.07.16撮影
室町錦小路 H26.07.16撮影

霰天神山から錦小路通りを東へ進み、室町錦小路の交差点へ。この場所は、北に山伏山、南に菊水鉾、東に占出山、西に霰天神山と全ての方向に山鉾があるという、実に興味深い場所です。当然のことながら混み具合も大層なものです。

山伏山_H26.07.16撮影

室町通りを北へ進むと山伏山町になります。山伏山は後祭の役行者山とともに、修験道に関係する山です。この時点ではまだ土台に真松が建てられた骨組みだけの状態ですが、周囲を山伏山のイベントやグッズの真っ赤な幟が賑やかに飾っています。

山伏山の芽の輪くぐりの行列_H26.07.16撮影
芽の輪くぐりの行列 H26.07.16撮影

なかでも厄除けの芽の輪くぐりは無料ということもあって行列が出来ています。他にも山伏山検定という面白そうな企画もありました。保存会の方々が、とても工夫している感があります。また、山伏山は震災の復興支援にも力を入れており、売られているてるてる坊主のお守りの利益は、岩手県岩沼市の復興に寄付されるそうです。会所前では岩手県岩沼市の物産展も行われています。そして茅の輪くぐりの輪に使われているのは、震災後初めて刈り取られた稲わらです。

山伏山会所_H26.07.16撮影
会所 H26.07.16撮影

山伏山の会所は2階部分が開け放たれていて、外からよく見える形でご神体が安置されています。御神体が上から見下ろし、人間が御神体をを見上げる形になるので、人は多いものの何やらとても厳かな雰囲気です。

山伏山御神体_H26.07.16撮影
御神体 H26.07.16撮影

山伏山のご神体は、八坂の塔の傾きを法力で直したという浄蔵貴所(じょうぞうきしょ)という山伏で、左手に刺高数珠、右手には斧を持った大峰入り修業の際の姿をしています。本山修験宗の総本山である聖護院の山伏も、巡行の前にこの山を参拝するそうです。山伏山のご利益は、山を駈けまわる山伏らしく雷除けと厄除けになっています。

山伏山 H26.07.16撮影
山伏山 H26.07.16撮影

山伏山は、八坂神社からの清祓、六角堂から法印の祈祷と、明治前の神仏習合の姿を今に残しています。また、この時点の状態では分からないのですが、巡行の際、前懸と胴掛の中央に飾り房を下げているのも山伏山のもう一つの特徴です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.09.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【祇】祇園祭

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR