【祇】日中の先祭山鉾と屏風祭を巡る~孟宗山

カテゴリ【祇】:祇園祭~京の夏を彩る華やかな祇園祭の風景を、色々な目線でお届けします。


ミニブログコーナー:いよいよ最後の山鉾になりました。3か月もかかりましたが、頑張りました。来年は、後祭に行って、再来年は先祭の巡行を見たいと思っています。このあと、祇園祭のもう一記事、おまけがつきます。
孟宗山_H26.07.16撮影
孟宗山 H26.07.16撮影

長かった先祭の山鉾巡りもいよいよこれで終わりです。とうとう23基目の孟宗山となりました。山鉾町は烏丸通り四条上ル笋(たかんな)町です。孟宗山は別名、筍山(たけのこやま)とも言いますが、笋も"たけのこ"を意味し、町の名前になっています。先祭で烏丸通りに建つのは孟宗山だけですが、小さいながらも京都駅の主要道路である烏丸通りの1車線を塞いで建つ、孟宗山には、とても堂々としたものを感じます。

孟宗山_H26.07.16撮影
孟宗山 H26.07.16撮影

孟宗山の御利益は親孝行です。中国の三国時代、孟宗という人物が、病身の母親のために冬の雪の中にもかかわらず、母の好物の筍を掘り当てるという、中国の史話二十四孝が、孟宗山の題材となっています。孟宗は竹の名前の孟宗竹にも名を残しています。

会所へ向かう通路_H26.07.16撮影
会所へ向かう通路 H26.07.16撮影

前日の宵々山でも通りましたが、こちらの通路を通って町会所へ向かいます。孟宗山の町会所は過去の祇園祭の町会所の遺風を残す貴重な例として京都市指定有形文化財となっています。

孟宗山・町会所_H26.07.16撮影

孟宗山・町会所_H26.07.16撮影
町会所 H26.07.16撮影

町会所は1897(明治30)年に建てられた平屋建で八畳の2室で構成されています。入口側では授与品の販売が行われていますが、私は昨晩、初めての粽をこちらで購入しました。

孟宗山・胴掛_H26.07.16撮影
胴掛 H26.07.16撮影

会所内には2008(平成20)年、2009(平成21)年に新調された、平山郁夫画伯の"沙漠らくだ行(日)"と"沙漠らくだ行(月)"が展示されています。祇園祭と沙漠の組み合わせが印象的で、以前拝見した記憶が残っていました。

孟宗山・御神体_H26.07.16撮影
御神体_H26.07.16撮影

町会所奥には孟宗の御神体が安置されています。この人形は七条大仏師・康朝左京の作といわれています。康朝をNETで調べてみてもはっきりとは分からないのですが、おそらくは、平安時代のこの人物ではないかと思われます。唐人衣装に笠、右手には雪のかぶった筍、左手は鍬を肩に担いでいます。

地蔵堂_H26.07.16撮影
地蔵堂 H26.07.16撮影
土蔵_H26.07.16撮影
土蔵 H26.07.16撮影

敷地内には延命地蔵菩薩を祀る地蔵堂と、孟宗山と御神体をを保存する土蔵があります。二階建ての土蔵は1868(明治元)年の建造です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.10.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【祇】祇園祭

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR