【祇】日中の先祭山鉾と屏風祭を巡る~ラストその1

カテゴリ【祇】:祇園祭~京の夏を彩る華やかな祇園祭の風景を、色々な目線でお届けします。


ミニブログコーナー:祇園祭はあと1回で終わりと申し上げましたが、諸事情あって2回に分けました。悪しからず。次回で本当に終わりです。
先祭の全ての山鉾23基を見終えた満足感とかなりの疲労を抱えて、最後は祇園祭の大元締め、八坂神社へ向かいます。四条通りのアーケードにも祇園囃子が流れていました。

四条通り_H26.07.16撮影
四条通り H26.07.16撮影

写真の場所は堺町通りと柳馬場通りの間です。写真を撮り忘れて通り過ぎてしまいましたが、四条堺町は山鉾のくじ改めが行われる場所で、町行事が奉行(京都市長)の前で独特のポーズで文箱の中の、巡行順を示すくじを見せるのです。

麩屋町通り_H26.07.16撮影
麩屋町通り H26.07.16撮影

麩屋町通りの案内板が見えます。ここは明日、辻回しが行われる四条河原町と並ぶ、山鉾巡行の一大イベント、長刀鉾の注連縄切りが行われる場所です。

四条麩屋町北側_H26.07.16撮影
四条麩屋町北側 H26.07.16撮影

こちらは交差点の北側。北側の斎竹(いみだけ)が建てられています。ここに四条通りを横切るように注連縄を張り、その注連縄を、くじ取らずで毎年必ず先頭を進む長刀鉾の生稚児が刀で斬りおとすのです。このシーン、毎年BSの中継で見ていますが、京都好きには感極まるシーンで思わず、涙が出てきます。このシーンを見るために大勢の観光客がこの場所に集まるのですが、斬りおとすと大きな拍手が上がります。

四条麩屋町南側_H26.07.16撮影 四条麩屋町南側_H26.07.16撮影
四条麩屋町南側 H26.07.16撮影

注連縄切りは1956(昭和31)年から始まった比較的新しい行事ですが、古い時代にも行われていたようです。この竹を建てるのは、東洞院高辻上ルの高橋町が行うのが恒例です。7月10日には高橋町の役員が、八坂神社に祇園祭の無事を祈り参拝する、高橋町社参が行われます。

HI-REKSビル_H26.07.16撮影
HI-REKSビル H26.07.16撮影

麩屋町通りから一筋東の御幸町通りには、四条通りの北側に鉾の形をしたビルが建っています。JTBの京都四条支店が入っているビルです。前からずっと気になっていました。

HI-REKSビル_H26.07.16撮影
HI-REKSビル H26.07.16撮影

ビルの東、御幸町通り側の壁面には、1.2階にまたがる巨大な車輪がデザインされているという凝りようです。まさに京都ならではの遊び心は良いですね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.10.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【祇】祇園祭

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR