【石】獅子林院の小便地蔵

カテゴリ:【石】京都の石仏
~雨の日も風の日も京の街を山を水辺を護り続ける"いしぼとけ"達


ミニブログコーナー:萬福寺の龍は写真不足が発覚しましたので、その3は次回の京都訪問までお待ち下さい。萬福寺、もう一度行って参ります。
獅子林院入口_H26.07.15撮影
獅子林院(ししりんいん)入口 H26.07.15撮影

4ヶ月以上前の話で少しうろ覚えですが、記憶を辿って書いています。みみずく地蔵の時と同じく、JR黄檗駅から萬福寺の山門を探しながら歩いていると、気になる塔頭を見つけました。お寺の名前は獅子林院ですが、その脇の"小便地蔵菩薩"という表記が、とても気になりました。

獅子林院の石段_H26.07.15撮影
獅子林院の石段 H26.07.15撮影

案内板には黄金の獅子頭の表記がありますが、それよりも"小便地蔵"という一風変わった名前と、そそり立つような石段に魅かれて上まで登ってみることにしました。

獅子林院・石段の上_H26.07.15撮影
石段の上 H26.07.15撮影

石段は険しく、体感としては30度位あったような気がしました。石段は全部で60段ありましたが、登り切ると山門の様な建物がありますが、真ん中を何かの像が塞いでいます。

獅子林院_石段上の木像_H26.07.15撮影
石段上の木像 H26.07.15撮影

木像は舌を出して爆笑している僧侶らしき像でした。険しい石段の上で爆笑しているとは、何とも人を食ったお寺です。少し腹が立ってきましたが、禅問答的な何かがあるのかもしれません。胴体にはひび割れが入っています。そして足元には同じく大きな荷物を背負った福々しい老人の像が控えます。七福神にいそうですが、どれにもあてはまりません。こちらはまだ新しそうです。

山門の正面_H26.07.16撮影
山門の正面 H26.07.15撮影

脇から正面に回ってみて驚きました。向かって右は"東司"(とうす)"厠"と書かれています。禅宗寺院は、日常の全てが修行であるため、目立つ場所にトイレがあっても驚きませんが、まさか石段の頂上がトイレになっているとは思いませんでした。

東司_H26.07.15撮影
トイレ H26.07.15撮影

思い切って開いてみると、中は水洗の洋式トイレがありました。綺麗に掃除されており、上には仏像が祀られ、禅僧の画が飾られています。日常的に使用されているトイレのようです。

小便地蔵_H26.07.15撮影
小便地蔵 H26.07.15撮影

お目当ての小便地蔵は向かって左に祀られていました。正式には"小便地蔵王菩薩"でした。もしかして小便を掛けて願掛けをするなどというとんでもないことを想像してしまいましたが、そのような感じではなさそうです。

小便地蔵_H26.07.15撮影
小便地蔵 H26.07.15撮影

石像は大分摩耗しており、表情もよくわかりませんが、頭の形から地蔵菩薩であることが見てとれます。古びてはいても綺麗な前かけや供物から、大切にされていることはわかります。

小便地蔵王讃_H26.07.15撮影
小便地蔵王讃 H26.07.15撮影

後ろには"小便地蔵王讃"という文章がか掲げられているのですが、私には意味が理解出来ませんでした。また別の場所には"尿道二宝有""男女一切孤魂"とも書かれています。ネットで調べてもついぞ確かな情報が得られませんでした。小便地蔵王には何か独自の世界観がありそうです。

小便地蔵のポスト_H26.07.15撮影
小便地蔵のポスト H26.07.15撮影

トイレと小便地蔵の間、爆笑している僧侶の像の後ろには、"小便地蔵様へのお願い"を入れるポストがありました。何らかのお願いをかなえてくれるお地蔵さまには間違いないようです。

獅子林院・本堂_H26.07.15撮影
本堂 H26.07.15撮影

すぐそばには本堂があります。獅子林院を開いたのは、萬福寺の4世独湛性瑩(どくたん しょうけい)。彼は隠元隆琦の最後の高弟でもあります。1681(天和元)年から1692(元禄5)年まで萬福寺の住持を務め、獅子林院に引退、1706(宝永3)年にこの場所で没します。独湛性瑩と小便地蔵の関わりにはどのようなものことがあるのでしょうか。興味は尽きません。

獅子林院:京都府宇治市五ヶ庄三番割34(地図

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2014.11.25 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【石】京都の石仏

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR