【飲】ディープな昭和の飲食街~西院・折鶴会館

カテゴリ【飲】:京都で呑む~さあ、今日はどこで呑もうか。木屋町、祇園、河原町。吉田類さんばりに京の酒場を探訪する、大人の魂京都です。


西院・折鶴会館_H26.12.06撮影
西院・折鶴会館 H26.12.06撮影

一昨年の10月に、京都の三大昭和ディープ飲食街の一つ、烏丸七条のリド飲食街を訪問しましたが、今回はディープ飲食街のその2・西院の折鶴会館です。この日は四条大宮に宿泊したので、現場までは嵐電で一駅。ホテルで休憩後、21時20分頃到着しました。

折鶴会館は"A"の文字に横棒を1本追加したような造りをしています。写真を見てわかるように、一目見て文字では表現できない濃ゆい昭和の雰囲気がビシバシと伝わってきて、知らない所で飲むのが得意はずの私がたじろいでしまいました。バックに"りんごのうた"など流したら、まんま昭和20年代で行けてしまう雰囲気です。どの店も混んでいるか、もしくは中が見えないようになっています。あまりウロウロしていると入る勇気が無いのが、店員さんにバレバレになるので、まずお客の入っていない店へ。若いお兄さんがスタッフをしている、カウンターだけの立ち飲みの店に入店しました。店名は樫尾酒店で、折鶴会館の下の横棒の位置にあります。

まずは生ビールと自家製チリソーセージを注文。ソーセージは直径5センチほどの大きな輪切りが3枚ですが、チリが辛くて、ビールが進みます。店内を眺めてみると、サイババの写真が二枚に、"酒の一滴は血の一滴。肝臓を捧げよ。" "電車、歩いて変えればいいじゃん。" "野ゴリラ(泥酔者のことのよう)お断り"など、妙な張り紙。ウケを狙って失敗しているパターンでしょうか。スタッフは若いお兄さんが二人で、片方が店長さんの様です。店長はトークが軽妙で芸人のよう。同伴らしきカップルのオヤジさんの方が、店長にやたら話しかけていますが、上手くかわしています。

私はというと、スマホでメールを打っている体で、ブログの為に店内の様子をメモっています。いつもは店内で気付いたことを手帳に書き留めるのですが、そうすると、この人何かの取材かみたいな感じで警戒されることがよくあります。でも、このスタイルだと大丈夫そうです。店内の様子を伺いながら、サワーを二杯ほどと黒霧島のソーダ割り。つまみは梅クラゲ。

店長とお客の話を聞いていると、こちらの店はまだ新しい店ようですが、いつもは満員とのこと。今日は、翌日に店の忘年会を控えているのでヒマだそう。10人入るのがやっとの店に40人も忘年会くるとは大したものです。話の様子からハッタリではない感じ。

こちらの店には40分ほど滞在しました。ずっと、店内の会話を聞いていたので、注文以外、話をしませんでしたが、仲良くなれば居やすい感じです。年齢層は20~30代の若い人向き。お会計は2,000円でした。安いです。

2軒目は、小料理屋さんの風情の㐂多野("㐂"は"喜"の略字)さん。店内が外から見えないようになっていましたが、思い切って飛び込んでみました。あとで聞いたら、いつもは一見さんは入れないそうで、私は大丈夫そうだから入れてくれたらしい。ママは品の良い京都弁のおばあちゃんです。席はカウンターのみ7席ですでに常連さんが三人。ちょっと店内が、暖房で暑いです。とりあえずビールを注文して、まずは様子を伺います。ここでは常連さんも上手く私を会話に混ぜてくれたので、楽しく会話をすることが出来ました。この店は折鶴会館で一番古く、建物の昭和っぽい外観から、撮影の依頼も時折来るそうです。

狭い店内ですが、こちらはカラオケを備えていて、3人の常連さんのうち、2人は会社の社長さんとどこかのお店のママさんで、社長さんが私にもカラオケを勧めてくれましたが、さすがにアウェイで歌う勇気は無く、失礼にならないように遠慮させて頂きました。(ちなみに私がカラオケを歌うのは相当酔っている時だけです。)ただ、社長さん、私みたいな一見さんへの気遣いも上手で、遊び慣れている感じで格好良かったですね。

一つだけ難点が、食べ物がほとんど出ないこと。つまみがほとんど無い状態と、店のハウスボトルが、どちらかというと私の苦手なタイプの焼酎だったので、酒が随分と回ってしまいました。お会計がいくらか忘れてしまいましたが5,000円位だった気がします。

店を出たのが12時過ぎ頃だったでしょうか?つまみがない以外は雰囲気が楽しかったので、また行ってもいいかなと思える店でした。このあとはタクシーで四条河原町へ。疲れていたので足裏マッサージに向かいました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2015.01.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【飲】京都で呑む

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR