【撮】いずれ消えゆくロケ地~伏見桃山城

カテゴリ:【撮】京都の時代劇ロケ地
~京都の時代劇ロケ地をメジャーからマイナーまで


ミニブログコーナー:更新のペースが遅くなっている所に、さらに追い打ちで胃腸炎になってしまい、さらに更新が伸びるという悪循環です。御蔭さまで快方には向かっていますが、皆様、のんびりとお付き合い頂けましたら幸いです。
今回は現在、伏見桃山城運動公園内にある伏見桃山城を取り上げてみました。この施設は1964(昭和39)年に近鉄グループの遊園地"伏見桃山城キャッスルランド"として開園し、2003(平成15)年に閉園、その後、京都市の伏見桃山城運動公園として整備されました。

伏見桃山城正門_H26.12.05撮影
正門 H26.12.05撮影

伏見桃山城は小高い山の上に築城されている平山城タイプで、天守閣の西南にある入口から駐車場を抜けると、正門が見えてきます。入場は無料です。正門の脇からは天守の一部が覗いていますが、それは後ほど。

伏見桃山城正門の案内板_H26.12.05撮影
正門の案内板 H26.12.05撮影

正門には写真のような案内板が置かれています。これは現在、天守閣が耐震強度の問題で立入禁止となっているためです。いずれは解体されてしまうことを見越して、今回、記事にして見ようと思い立ちました。

伏見桃山城天守閣_H26.12.05撮影
伏見桃山城天守閣 H26.12.05撮影

正門を抜けると、大天守と小天守が目に入ってきます。2014(平成26)年1月2日TV東京系放送の"影武者徳川家康"では、ちょうどこの位置からの風景が、そのまま伏見城のイメージカットとして用いられています。また正門から天守までの空間は庭園状に整備されていますが、2014(平成26)年7月10日TV朝日系放送の"信長のシェフ第2シリーズ"第1話"平成のフレンチシェフが戦国へ!?織田信長暗殺を阻止せよ!"では、信長と主人公ケンが岐阜城を騎馬で出て行くシーンを、実際とは逆に正門から中に入っていくという方法で表現していました。

1995(平成7)年頃の伏見桃山城
1995(平成7)年頃の伏見桃山城

伏見桃山城は、洛中洛外図屏風の伏見城をモデルに、当時の金額で約6億円をかけて、鉄筋コンクリート製でこの城が製作されたそう。(写っているのは20代後半の私です。) ただし、この伏見桃山城は、実際に伏見城があった場所とは全く別の場所に建てられています。

伏見桃山城大天守_H26.12.05撮影
大天守 H26.12.05撮影

ちなみに現在、城内に立ち入ることはできませんが、時代劇ロケ地の有名サイト"時代劇の風景"様によると、2013(平成25)年4月5日フジテレビ系で放送された"女信長"第1夜で、木下藤吉郎と信長が5重6階の天守閣最上階と思われる場所で会話するシーンは、この天守閣を使用したものだそう。(風景は合成)

伏見桃山城大天守へ至る道_H26.12.05撮影
大天守へ至る道 H26.12.05撮影

大天守へ至る石垣もきちんと再現されています。伏見桃山城の時代劇のロケは少ないようですが、この辺りも十分、撮影に使用できる風景です。伏見桃山城は山の頂上にあるため余計な物の映り込みも無いので、もう少し頻繁にロケに使用されていても良いような気がします。

伏見桃山城大天守への入り口_H26.12.05撮影
大天守への入り口 H26.12.05撮影

前述のように耐震上の問題で、大天守の入り口は固く閉ざされています。扉の上の部分にはガラスが用いられていますが、割れてしまったりしているのが、この日の夕陽と相まって物悲しく感じるところです。

伏見桃山城大天守_H26.12.05撮影
入口側から見た大天守_H26.12.05撮影

現在、その痕跡はわからなくなっていますが、2007(平成19)年には、東映により"茶々 天涯の貴妃"撮影で大阪城として撮影するため、改修を1億円かけて行ったそうです。全体的に赤っぽくゴージャスであることが、豪壮で派手な安土桃山時代の城を連想させます。

伏見桃山城石垣_H26.12.05撮影
伏見桃山城石垣 H26.12.05撮影

天守閣裏側の石垣です。本物の石垣と同じ様にきちんと組まれています。そもそも遊園地の建設物として造られたとは思えない、本格的な造りです。

伏見桃山城小天守_H26.12.05撮影
小天守 H26.12.05撮影

3重4階の小天守の存在が大天守を引き立て、城を華やかにしています。正門、大天守、小天守だけではありますが、細かく丁寧に造られているので、キャッスルランドが閉園する際、住民運動で伏見のシンボルとして、京都市に無償譲渡されたという経緯も良く理解できます。
場所:京都府京都市伏見区桃山町大蔵45(地図)
交通:JR奈良線 桃山駅,近鉄京都線 近鉄丹波橋からいずれも徒歩で20分程度 

今回は行きは桃山駅からタクシーを利用して、帰りは徒歩でした。駐車場にタクシーが客待ちをしていなかったので、すぐ帰るならタクシーに待っていてもらった方がベストかもしれません。

*今回の記事は、"時代劇の風景"様伏見城ロケ地資料を参考にさせて頂きました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2015.02.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【撮】京都の時代劇ロケ地

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR