【歩・過】東海道五十三次踏破・三島~その3

カテゴリ:【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)
~2010年からスタートして現在中断中の、東海道を日本橋から京都まで歩く企画の過去分です。ここでは日本橋~金谷までを取り上げます。文章もその当時に書いたものです。


2010年5月22日の記録 沼津の一里塚からの続き

14:59 県道380号に合流。

三園橋交差点_H22.05.22撮影
三園橋交差点 H22.05.22撮影

15:03 三園橋交差点。歩道橋が交差点の上を囲っている大きな交差点。かつての宿場の中心がこの辺り。

川廓通り_H22.05.22撮影
川廓通り H22.05.22撮影

15:07 大手町歩道橋手前をショートカットするような感じで左斜めに入る。表示は旧東海道川廓通りとある。風情がある名前だ。
この辺りは遊郭があった場所だろうかと思っていたら、沼津城の城廓と狩野川に挟まれた場所なので川廓通りと名付けられたと案内板に記されていた。

沼津城_H22.05.22撮影
沼津城(街中に描いてあった絵と思われます。:H27.08.30追記) H22.05.22撮影

15:11 県道159号線にぶつかる。ここを左折する。この通りはは沼津駅から伸びる沼津のメインストリートのようでさんさん通りと名づけられている。後方の沼津駅前には西武デパートがあるのも見える。この辺りは上士町と名付けられており、隣が大手町であることを考えると上士が住んでいた地区と想像できる。なお、江戸期の沼津城は安永6年(1777年)より幕末まで水野家8代の居城である。

15:14 通横町交差点。ここに問屋場があったとの案内板にある。問屋場とは、宿場で人馬の中継業務や賦役の事務を業務を行った宿場では重要な場所である。

15:17 仲町バス停先の交差点を右折。県道163号へ入る。

浅間神社_H22.05.22撮影
浅間神社 H22.05.22撮影

15:20 浅間町交差点。道路に面して浅間神社が鎮座。この社は桓武天皇の御代の坂上田村麻呂東征の際に創建された由緒ある社だ。明治になって丸子神社も一緒に祀られるようになったとのこと。

忘れ物の店_H22.05.22撮影
忘れ物の店 H22.05.22撮影

15:27 西高入口交差点で御成橋通り(県道139号線)が合流する。御成橋とはいかにも城下町の風情だ。この先から沼津城下の外になったのだろう。交差点には何やら“わすれものの店”という不思議な店。忘れものや落し物で引き取り手がいないものを売っているのだろうか?

六代松の碑_H22.05.22撮影
六代松の碑 H22.05.22撮影

15:35 六代松の石柱。是より南一丁半とある。ここから入った所に六代松という松があり、平家物語で有名な平維盛の子、六代の処刑された首を根元に埋めたと伝わる松の木があった。これを六代松といい、今は枯れてしまってそこに六代松の碑が建っている。これは明治19年に建てられたその六代松への案内の石柱。

松林_H22.05.22撮影
松林 H22.05.22撮影

今、歩いている道の300-400m左側は海になっているが、交通量も多く、海も見えないので海の雰囲気は全く感じられない。途中、新中川の間門橋から見える松林の向こうに微かに海の気配がした。

西間門交差点_H22.05.22撮影
西間門交差点 H22.05.22撮影

15:39 西間門交差点。ここで県道163号線と県道380号線がX字状に交差。旧道はそのまま163号を進む。地図では380号が現在の東海道だが地元では千本街道と呼ばれている。千本とは沼津から田子の浦港までの駿河湾に沿って植えられた千本松原の千本から。戦国時代に北条と武田の争いで武田勢により伐採された松を増誉上人と言う僧が植え直したという話がある。いつの世も戦に苦しむのは兵よりも民間人だ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

2015.08.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR