【撮・東】栃木県栃木市・岩船山採石場跡

カテゴリ:【撮・東】東日本の時代劇ロケ地
~東日本の時代劇ロケ地をメジャーからマイナーまで


ミニブログコーナー:知り合いが鷹峯の東急ハーベストを11月にとってくれて、宿泊できることになりました。しかも2泊です。ずっと前から泊りたかったので、今から期待大です。ただし1泊約2万!問題はここだけなんですが、こんなに高いところ泊ったことがありません。どうやって工面するかいまから頭を悩ませています。
今回はご紹介する前に→を使って少し説明が必要です。

私は時代劇が大好き→武士道精神をリスペクト→武士は戦う前に名を名乗る→スーパー戦隊・仮面ライダー・プリキュアも戦う前に名を名乗る→日曜朝は毎週チェック

ということになります。あとは東映だし。ただし、いちいち色々覚えるのは面倒なので、技とかロボットとかを全部暗記するような見方はやめて、世界観を楽しむだけに留めています。以前に5歳の男の子と、ゴーカイジャーの話で2時間、飲みながらずっと話していたことがありました。(もちろん飲んでいたのは私だけ。親がライブの打ち上げに子供を連れてきていたので、その席で。) 日曜朝にスーパー戦隊・仮面ライダー・プリキュアを見ている子供は、自然と武士道精神を学んでいるのです。きっと良い子に育つはず。

岩船山採石場跡_H27.10.02撮影
岩船山採石場跡 H27.10.02撮影

どちらかというと、岩船山はスーパー戦隊・仮面ライダーの戦闘のロケ地に使用されることが多いのですが、時代劇でも使われることがあるそうなので、さらっとご紹介することにしました。検索すると時代劇での具体的な使用例としては、2011(平成23)年のNHK大河ドラマ"江"や2008(平成20)年の映画"ICHI"(綾瀬はるかの座頭市)など。首都圏近郊で火薬を使う大がかりな撮影ができるロケ地が少ないので、岩船山はなかなか重宝されているようです。昔なら、"影の軍団"で使われそうな雰囲気。このごつごつした山肌はかなり印象に残ります。

岩船山からみた市街_H27.10.02撮影
岩船山からみた市街 H27.10.02撮影

撮影に使われるところは山の中腹の平地になっているところですが、そこからは岩舟(地名は"舟")の市街地が見渡せます。時代劇では当然映りませんが、現代モノでは街も一緒に映ることも。岩船山の荒涼とした風景の割には、意外と周辺は家屋が多い感じです。そのため私は栃木にあると知る前は、八王子あたりかと思っていました。岩船山は土木工事の基礎材料となる岩舟石の産地で、江戸時代から石を切り出したために、このようにワイルドな風景になっています。さらに2011(平成23)年の東日本大震災では、一部が山体崩壊したのだとか。

岩船山採石場跡 H27.10.02撮影
岩船山採石場跡 H27.10.02撮影

山へは民家の脇を通り、開きっ離しのゲートを抜けて山を登ります。軽自動車で行ったのですが、道がやや急で登れなかったらどうしようと心配になりました。(何とか大丈夫でした。) 中腹までたどり着くと何箇所か平地になっている部分があり、一番低い所では何かの撮影をしていました。行きませんでしたが、さらに中腹から山頂まで行く道もあるので、その上でも撮影できるのかもしれません。今回、時間があまりなかったので簡単な取材しかできませんでしたが、国道50号からも見えるので、近くに行った際はチェックして見て下さい。
所在地:栃木県栃木市岩舟町畳岡(地図)
アクセス:東北自動車道 佐野・藤岡ICから車で約15分/JR両毛線岩舟駅から徒歩10分

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2015.10.07 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【撮・東】東日本の時代劇ロケ地

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR