【歩・過】東海道五十三次踏破・静岡~その5

カテゴリ:【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)
~2010年からスタートして現在中断中の、東海道を日本橋から京都まで歩く企画の過去分です。ここでは日本橋~金谷までを取り上げます。文章もその当時に書いたものです。


11/16(土) 岡部宿柏屋出発から

小野小町姿見の橋_H22.11.16撮影
小野小町姿見の橋 H22.11.16撮影

15:11 リスタート。3分程県道208号を歩いた後、並行する裏道へ入る。すると何の変哲もない橋とも言えないような小さな橋がある。この橋は小野小町姿見の橋と言い、晩年、東下りをする小町がこの橋の上で、水面に映る自らの姿を見て、容色の衰えを嘆いたという。

佐護神社の石段_H22.11.16撮影
佐護神社の石段 H22.11.16撮影

高札場などがあるのでこの通りが、岡部宿のメインストリートだったのではないかと思われる。長い石段を昇った上にあるのは佐護神社。石段フェチにはちょっと気になるが、疲労の為昇らず。

県道81号_H22.11.16撮影
県道81号 H22.11.16撮影

15:23 岡部支所前交差点。宿場防衛のための桝型になっている。ここから県道81号に入る。そこそこ幹線道路になっていて、途中にはカモメ静岡工場、通りには松の木が植えられていて、ちょっとした街道気分を醸し出している。疲労はピークに達しており、途中のバス停を見るたびにここからバスに乗りたい衝動に駆られるが、今ここで中止すると次回ここまで戻ってこなければならないので何とかして我慢する。

巌村領の表示_H22.11.16撮影
巌村領の表示 H22.11.16撮影

15:35 内谷新田交差点。高速の下をくぐる。直進すると国道1号だが1号には入らず、1号と並行する県道81号へ入る。県道と言っても普通の住宅街の道。路傍にはこれより巌村領との表示がある。岩村藩は美濃の大名だったかが、この辺りの横内村は岩村藩の飛び地だったと書かれている。

米屋の案内板_H22.11.16撮影
米屋の案内板 H22.11.16撮影

途中、かつての店を示す木板があちらこちらに立てられている。

15:47 仮宿交差点を通過。国道1号に入る。疲れでお互いに不機嫌で、とうとう大将(妻→現在離婚しています。:H27.10.19追記)と喧嘩になる。5分後、1号をそれて県道208号へ入る。島田まで13kmの表記。時間的にも本日は島田は無理と諦める。疲労もあるが、18時までには終了させて、静岡駅に戻らないとバスで帰れない。すぐに自動販売機を見つけて10分程休憩。

鬼島一里塚跡_H22.11.16撮影
鬼島一里塚跡 H22.11.16撮影

16:07 アパート脇に小さな鬼島一里塚跡。

鬼島の建場_H22.11.16撮影
鬼島の建場 H22.11.16撮影

16:15 鬼島の建場。何の跡なのかよくわからないが、膝栗毛では鬼島で弥次喜多が昼間から一杯やっていたようだ。

須賀神社のクス_H22.11.16撮影
須賀神社のクス H22.11.16撮影

16:18 須賀神社のクス。樹齢500年はとても見事だ。根の周りは15.2mもあると書かれている。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:静岡県 - ジャンル:地域情報

2015.10.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【歩・過】京都まで歩く(日本橋~金谷)

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR