【石】爪で彫られた観音像

カテゴリ:【石】京都の石仏~雨の日も風の日も京の街を山を水辺を護り続ける"いしぼとけ"達


ミニブログコーナー:今日、出かけた先で見ると幸せになれるという黄色い新幹線を見ました。見たといっても走っている所ではなく、倉庫に入っていてしかも先端部分だけなんですが・・・。幸運を少しでも皆様にということで写真はこちら

清水寺・随求堂(ずいぐどう)_H27.09.09撮影
清水寺・随求堂(ずいぐどう) H27.09.09撮影

清水寺の話題が3回続きましたが、今回のテーマも清水寺七不思議の一つ、石に爪で彫られたという観音像です。今回のお目当ては仁王門をくぐって正面にある随求堂(地図)の前にあります。随求堂は真っ暗なお堂の中を、数珠を頼りに進むという胎内めぐりを体験できる場所です。ちなみに"清水寺の七不思議"とこの間から連呼していますが、七不思議と言いつつ、実は不思議は26個も。

爪で彫られた観音像へ_H27.11.08撮影
"爪で彫られた観音像へ H27.11.08追加撮影

仁王門から来ると、隋求堂の手前にこの石灯籠と石柱が見えてきます。石碑には"かけきよ守本尊 観世音"と書かれているのでしょうか?

清水寺・随求堂前の石灯籠_H27.09.09撮影
随求堂前の石灯籠 H27.09.09撮影

爪で彫られた観音像は、"景清爪形観音"、"景清爪彫の観音"とよばれ、随求堂前、お堂に向かって右側にたつ石灯籠の中にあります。平氏の侍大将だった平景清は、壇ノ浦後に、源頼朝の暗殺を企てて捕らえられ、"源氏の世は見られぬ"と自らの眼球をくりぬいて、清水寺に奉納したという伝説が残る人物です。

景清爪形観音の石柱_H27.09.09撮影
景清爪形観音の石柱 H27.09.09撮影

その景清が牢内にて、爪で刻んだというのがこの観音像。話だけでも鬼気迫るものがあります。石灯籠の脇に立つ石柱には"かけきよ""くわんせおん"の文字を確認することができました。

清水寺・随求堂前の石灯籠_H27.09.09撮影
随求堂前の石灯籠 H27.09.09撮影

石灯籠の火を灯す部分を"火袋(ひぶくろ)"と云いますが、観音像はこの中に彫られています。窓の部分から中を覗き見るのですが・・・

石灯籠の火袋_H27.09.09撮影
石灯籠の火袋 H27.09.09撮影

覗いても暗くてなかなかよく見えません。何とか内部にフラッシュの光が当たるようにして、映したのが上の写真です。テレビか何かで、ジョークかもしれませんが"心がきれいな人しか見えない?"と聞いたような気もするので、無理やりこじつけてみたのが赤丸と青丸部分になります。

赤丸部分_H27.09.09撮影
赤丸部分 H27.09.09撮影

まず赤丸部分はおかっぱの女の子のようにも見えますが、肩から下の手を合わせた観音像のようにも思えます。

青丸部分_H27.09.09撮影
青丸部分 H27.09.09撮影

青丸部分は手を合わせた観音の全体像。真ん中の小さな丸が手を合わせている部分です。

テレビのキャプチャー画面_H27.09.09撮影

テレビのキャプチャー画面_H27.09.09撮影
テレビのキャプチャー画面 H27.09.09撮影

たまたまテレビで景清爪形観音を取り上げていたので、画面をキャプチャーしてみました。これもはっきりしませんが、私には黄色い線で描いた、宝冠を付けた観音像の頭部から肩にかけての像に見えました。皆さんはいかがでしょうか?


清水寺:京都府京都市東山区清水一丁目294(アクセス/公式HP)
H27.11.17追記・写真追加

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2015.10.30 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【石】京都の石仏

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR