【滞】ハーヴェスト宿泊初体験の京都~その2 11/24

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:年末ギリギリになってようやく更新することが出来ました。今年も1年間、魂京都をご覧頂きありがとうございました。当分は多忙な状況が続くので、更新がなかなかできないと思いますが、来年もどうぞ宜しくお願い致します。それでは皆様、良いお年を!
11月24日(火)の滞在記録
嵐山・渡月橋_H27.11.24撮影
嵐山・渡月橋 H27.11.24撮影

この日は嵐山散策から。ハーヴェストの送迎バスがあるので、一旦京都駅へ出て、そこからJR嵯峨野線で嵯峨嵐山駅へ向かいました。タクシーで北野白梅町に出てそこから嵐電でという手もあったのですが、せっかく送迎バスがあるので、それを利用しました。クライアントは嵐山が初めてということなので、まずは嵐山の代表的風景の渡月橋から。上記の写真を撮った場所は、渡月橋の北側の東側ですが、渡月橋を撮影するのに、おそらく一番ポピュラーな場所かと思います。

天龍寺・曹源池_H27.11.24撮影
天龍寺・曹源池 H27.11.24撮影

この日も天気が悪く、雨がポツポツ降ったり止んだりのあいにくの天候です。次は渡月橋から天龍寺を訪ねてみました。拝観は諸堂参拝が可能なものと庭園のみのものがありましたが、人の多さに閉口して庭園のみに。池がよく見える縁側には人があふれています。庭園はあまり詳しくありませんが、二条城の二の丸庭園と天龍寺の曹源池庭園は粗削りなところが、私は好きです。

竹林の道_H27.11.24撮影
竹林の道 H27.11.24撮影

天龍寺境内の北側から、竹林の道に出ました。竹林はきちんと手入れしないとすぐに荒れてしまうそうで、美しい青竹の林の真ん中に、道が一本、伏見稲荷大社や金閣寺と並ぶ、京都の記号的スポットです。東京で言えば日曜日の原宿・竹下通りのような混雑、みなが立ち止まって撮影をするので余計に混みあいます。さらには一応、普通の道でもあるので、たまにタクシーも入って来る。よくテレビやCMでは無人の状態で撮影されているのですが、その風景を楽しむには、このあたりに宿泊して早朝に来ないとだめだろうなということをクライアントと話しながら歩きました。今度来るときはしっとりと地面が濡れている雨の早朝に来てみたい。

大河内山荘の石仏_H27.11.24撮影
大河内山荘の石仏 H27.11.24撮影

竹林の道を抜けたところにある大河内山荘へ。大河内山荘は入場料は1,000円と少し高いのですが、以前も友人に紹介して評判が良かったスポットです。入口の石仏にかかる紅葉がこの度で一番美しい紅葉でした。クライアントは、庭や建築、古い時代劇に興味がある方なので、この選択は大正解。大河内伝次郎が半生をかけて作り上げた山荘を堪能していました。最高部から一望できる京都市街の風景にも満足して頂けたようです。チケットはお抹茶席付なので、抹茶とお菓子を頂いて、山荘を後に。嵐山公園を抜けて、川沿いの"らんざん"の食事処"京雅"で松花堂のランチを頂きました。クライアントは次に来た時は、ここに宿泊して早朝の竹林の道を見たいと話していました。

大覚寺・心経法塔_H27.11.24作成
大覚寺・心経法塔 H27.11.24作成

天龍寺の前で上手くタクシーを捕まえたので、タクシーに乗って大覚寺へ。境内では独特な形状をした嵯峨菊の展示が行われていました。クライアントは京狩野の襖絵に興味を持ったようで、写真をたくさん撮影していました。撮影禁止でなかったのが嬉しかったとのこと。また大覚寺は時代劇ロケの聖地であることも説明しましたが、いまいちピンとこなかったようで、私としてはちょっと残念でした。写真は心経法塔ですが、時代劇ロケでは塔の前に露店などを出して、祭りの風景が演出されたりします。帰りしなに大沢池の畔の露店で小休止。店員さんから、最近増えた中国人観光客への対応に困っている話を聞きました。

仁和寺上空_H27.11.24撮影
仁和寺上空 H27.11.24撮影

運よく、大覚寺でもタクシーがすぐ捕まったので広沢池の前を抜けて仁和寺へ。仁和寺では御殿に入らず、観音堂も工事中だったので、境内をぐるっと一回りしただけですが、五重塔の辺りで、2機の航空機が異常に接近しながら飛んでいるのを見つけました。素人が見ても明らかに接近し過ぎなのがわかります。ニアミスかなにかで晩にはニュースになっているかと思いましたが、結局、なっておらず、ツイッターでもツイートされていませんでした。一体何だったんでしょうか。とても不思議です。

龍安寺・鏡容池_H27.11.24撮影
龍安寺・鏡容池 H27.11.24撮影

仁和寺から徒歩で金閣寺へ向かいたいとのクライアントの希望で、きぬかけの路を歩くことになりました。途中、龍安寺に立ち寄り、高名な石庭へ。石庭は相変わらずの人の多さで、やはり石を数えず、人の頭数を数えてしまいました。写真は龍安寺の鏡容池。今回、もっとも秋らしい鮮やかなオレンジ色を見ることが出来ました。

鹿苑寺・金閣_H27.11.24撮影
鹿苑寺・金閣 H27.11.24撮影

やはり金閣までは距離がありました。龍安寺から30分弱はあったでしょうか。二人ともちょっと疲れ気味で鹿苑寺に到着しました。金閣が綺麗に撮影できるのは参道を直進して最初に金閣が見える地点なのですが、やはりそこは外国人が大量に記念撮影中。ここは場所を取るのがなかなか大変なんです。写真は着物を着て観光している外国人女性3人組。襟から思い切り、派手なタトゥーが見えてるのがちょっと笑っちゃいました。そのあと、イメージ的には鹿苑寺の裏がハーヴェストという位置なので歩いて宿まで戻りました。1時間ほど温泉に入浴してから、タクシーで先斗町に食事へ。

勝奈さんのうちわ_H27.11.24撮影
勝奈さんのうちわ H27.11.24撮影

夜の先斗町の風情はクライアントに楽しんでもらえたと思いますが、入った町屋の居酒屋風の店が最悪。スタッフが少ないせいか、食べ物も飲み物も全然出てこなく、周囲のお客さんもみんな怒っていました。早々に店を引き上げた後は自由行動になったので、あとは自由時間。この日は堂々と遊べます。先斗町をフラフラしていると勝奈さんのうちわ発見!市多佳さんはこないだビアガーデンで話した人だ!いつも酔って寝てしまうので、さきにもみの気ハウスでマッサージのあと、四富のたすくさんへ。最後は3回にわたって書かせて頂いたたかせ会館でした。>

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2015.12.31 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR