【門】秀吉寄進の巨大な楼門~伏見稲荷大社



カテゴリ:【門】京都の門
~大きなものから小さなものまで、大小遠近男女は問わず京都の門


ミニブログコーナー:あぶ刑事見てきました。舘さん、かっこいいなあ。ノーヘル、スーツでハーレは舘さんしかできないでしょ。あまりに格好良くて泣けてきました。あと吉川晃司さんのキックで電灯破壊も凄かったなあ。一つの時代が終わった感じ。あぶ刑事、全作集めたい。西部警察は"燃える勇者たち"以外、全部持ってるんだけど。

伏見稲荷大社の幟(のぼり)_H27.11.07
伏見稲荷大社の幟(のぼり) H27.11.07撮影

伏見稲荷大社は、日本全国に3万社あるといわれる稲荷神社の総本宮として知られていますが、今や国内にとどまらず、世界中の人が訪れる高名な観光スポットになっています。2015年のアメリカの旅行口コミサイト"tripadvisor"外国人に人気の観光スポットで2年連続、日本国内1位に選ばれました。参道にはそれを宣伝する幟が並んでいます。確かに周囲を見るとアジア、欧米を問わず、大勢の外国人の姿が。

伏見稲荷大社・一の鳥居から_H27.11.07撮影
一の鳥居から H27.11.07撮影

中でも神秘的な千本鳥居を目的に訪れる方が多いようですが、今回は巨大な楼門がテーマです。JR奈良線の稲荷駅を出るとすぐに大きな一の鳥居があり、参道の先の二の鳥居の向こうに楼門が見えます。

伏見稲荷大社・楼門_H27.11.07撮影
伏見稲荷大社・楼門 H27.11.07撮影

この楼門は幅約10m、高さ約15m、京都市内で最大の大きさを誇ると云われており、国内でも最大級の部類に入る楼門です。国の重要文化財にも指定されています。檜皮葺(ひわだぶき)、入母屋造の屋根をもつ三間一戸の重厚な楼門は、全国の稲荷神社の総本宮にふさわしい楼門です。青空であれば、きっとバックの空に鮮やかな朱が映えると思います。色鮮やかなのは2011(平成23)年に稲荷大神鎮座1300年に合わせて改修されたからだそうです。

伏見稲荷大社・楼門の扁額_H27.11.07撮影
扁額 H27.11.07撮影

造営は1589(天正17)年、豊臣秀吉の手によるもので、本殿に次いで古い建築物です。母、大政所の病気平癒祈願が成就したため、この楼門が寄進されました。少しでも長く、母親を生き延びさせたい秀吉の心情がよくわかる“命乞いの願文”も伏見稲荷大社には残されています。秀吉は病気平癒が叶ったら、1万石の寄進をするという約束をしていました。

伏見稲荷大社・狛狐_H27.11.07撮影

伏見稲荷大社・狛狐_H27.11.07撮影
伏見稲荷大社・狛狐 H27.11.07撮影

伏見稲荷大社では狛犬は全て狛狐です。狛狐は稲穂、巻物、鍵、玉のどれかをくわえているそうですが、楼門前の阿形の狐は玉、吽形の狐は鍵をくわえています。ちなみに打ち上げ花火の掛け声、『玉屋~鍵屋~』は、この玉から来ているそう。以前に紹介した大豊神社の狛狐は、玉と巻物でした。どこかのHPには、鍵の金具の部分が破損して巻物をくわえているように見えたのが、巻物の起源では?とも書かれていました。楼門を守る鋭い目つきの狐です。

伏見稲荷大社・随身像(左大臣)_H27.11.07撮影
伏見稲荷大社・随身像(左大臣) H27.11.07撮影

伏見稲荷大社・随身像(右大臣)_H27.11.07撮影
伏見稲荷大社・随身像(右大臣) H27.11.07撮影

楼門の左右には弓矢を持った武官の像が安置されています。これを随身(ずいしん・ずいじん)といい、高貴な人物を警護する、今でいうSPのようなものです。向かって右を左大臣、左を右大臣ともよばれています。左大臣の方が高位のため老人の姿をしており、右大臣は若者です。また、随身は左右で阿吽の相をとっています。そういえば、八坂神社の西楼門にも随身像が置かれていますね。

伏見稲荷大社・楼門(内側から)_H27.11.07撮影
伏見稲荷大社・楼門(内側から) H27.11.07撮影

1694(元禄7)年に造営された檜皮葺・切妻造の北廻廊・南廻廊二棟も楼門と共に重要文化財です。元々は築地塀だったものが、絵馬掛所として作られたものだそう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.02.27 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【門】京都の門

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR