【行・帰】新幹線の車窓から

カテゴリ:【行・帰】京都への足・からの足
~京都へ行く、京都から帰ってくる交通機関についてレポートします。出発地は東京または横浜です。データ重視。


この記事では新横浜・京都間の東海道新幹線の車窓や駅から見える風景を、ご紹介しようと思います。通過列車や天候の関係で一度に撮影はできないので、写真が取れ次第、追加していきます。記事は東海道新幹線・下り その1東海道新幹線・下り その2をベースにしています。

新横浜駅新幹線ホームから_H26.07.15撮影
新横浜駅新幹線ホームから(A席側) H26.07.15撮影

新幹線ホームからいつもこのビルを眺めて、これから訪ねる京都に思いを馳せます。

進行方向に富士山_H26.12.05撮影
進行方向に富士山(E席側) H26.12.05撮影

意外とすぐ進行方向に、富士山がチョコチョコ顔を出しているのが見えます。写真は新横浜を出発して6分後、デッキから撮影。

平塚市根坂間辺り_H26.12.05撮影
平塚市根坂間辺り(E席側) H26.12.05撮影

新横浜から9分後、神奈川県平塚市根坂間の近辺。見えている住宅群は湘南日向岡住宅です。以前、タモリ倶楽部で紹介されていました。同じような形の家が同じ方向を向いて整然と並んでいるのは、プチ・ヨーロッパの香りがします。私と同じ様に、気になる方がいて、この住宅街は何人かの方がWEBでも紹介されていますね。

小田原市国府津辺り_H26.12.05撮影
小田原市国府津辺り(E席側) H26.12.05撮影

国府津で富士山が車窓に綺麗に見えてきます。右側の黒くボコっとした山は、歌川広重の"東海道五十三次・平塚縄手道"に描かれている高麗山でしょう。以前に、東海道を京都まで歩くカテゴリの東海道五十三次踏破・藤沢本町~その2でご紹介しています。

熱海城_H28.03.01撮影
熱海城(A席側) H28.03.01撮影

熱海駅を出ると、海側で周囲を監視するように建つ熱海城が山の上に見えます。しかしこの城、歴史上には存在していない城です。実際は1959(昭和34)年に建てられたもの。春には桜の名所になるそう。

富士市・富士山フロント工業団地_H26.12.05撮影
富士市・富士山フロント工業団地(E席側) H26.12.05撮影

富士市に入ると工業地帯のたくさんの煙突から、モクモクと煙が上がっている風景が目に入ります。そこら中からモクモクと煙が上がっている感じです。

富士市辺り_H26.12.05撮影
富士市辺り(E席側) H26.12.05撮影

後ろに見えてくる頃が、下り新幹線からの富士山が一番綺麗に見える時間かもしれません。

夕方の富士山_H28.03.03撮影
夕方の富士山 H28.03.03撮影

こちらも富士市辺りですが、夕焼けにうっすら染まる富士山です。

静岡駅上空の空_H28.03.03撮影
静岡駅上空の空(E席側) H28.03.03撮影

この空は1982年に放送された西部警察第10話"大追跡!!静岡市街戦-静岡・前篇-"で小暮課長を乗せたヘリが飛んだ空です。このあと整備中だった、北口の広場にヘリが着陸するという名シーン。所轄の1課長が督励のためだけになぜヘリを?という突っ込みは置いておきましょう。

静岡駅付近_H26.12.06撮影
静岡駅付近(E席側) H26.12.06撮影

静岡駅通過直後の静岡市街の風景です。

掛川城(E席側)_H28.03.03撮影
掛川城(E席側) H28.03.03撮影

どこかの天守に似ていると思って調べたら、高知城の天守でした。掛川城の天守は1994(平成6)年の再建、山内一豊が関ケ原後に移封された高知城の天守を参考に建てられました。日本初の木造の復元天守だそうです。

浜名湖(E席側)_H28.03.01撮影
浜名湖(E席側) H28.03.01撮影

浜名湖_H26.12.06撮影
浜名湖(E席側) H26.12.06撮影

浜名湖(E席側)_H28.03.01撮影
浜名湖(E席側) H28.03.01撮影

1分程で通過してしまいますが、海に遜色のない雄大な湖の風景は見ていて心が晴れ晴れしてきます。

野立て看板・豊橋~三河安城間(E席側) H28.03.01撮影
野立て看板・豊橋~三河安城間(E席側) H28.03.01撮影

このような看板を野立て看板と云います。"727化粧品"の看板は、新幹線あるあるにも使える、車窓から見える景色の定番です。(自分用メモ→次の写真の13分前)

野立て看板_H26.12.05撮影
野立て看板・豊川放水路の2~3分先の辺り(E席側) H26.12.05撮影

あっという間に通り過ぎてしまう所がかえって惹きつけられる所以かもしれません。ちなみに"727"は"セブンツーセブン"と読みます。

野立て看板_H26.12.05撮影
野立て看板(E席側) H26.12.05撮影

この写真は安城市安城町天草にあった野立て看板。こちらも"727"と京都西川がコンビです。

ニチバン安城工場の看板_H28.03.01撮影
ニチバン安城工場の看板(E席側) H28.03.01撮影

三河安城駅を発車するとすぐ見えてくる印象的な看板。含蓄が有るような無いような・・・。でも名文句だと思います。一度聞いたら忘れない感じです。

名古屋駅手前_H26.12.05撮影
名古屋駅手前(E席側) H26.12.05撮影

車窓から見える風景も大都市の佇まい。新横浜を出て最初の大都市です。ねじれたように見える独特の形のビルは、"モード学園スパイラルタワーズ"で、モード学園と商業施設が入居しています。地上36階、地下3階で高さは170m。

名古屋駅直前(E席側) H28.03.01撮影
名古屋駅直前(E席側) H28.03.01撮影

手前の2棟が名古屋の駅ビルでJRセントラルタワーズ、高島屋、東急ハンズ、名古屋マリオットアソシアホテル他が入居しています。真ん中の棟は高さ245.1mの51階建て。奥のビルはJRゲートタワーで現在建設中、2017年開業予定です。

新幹線から清州城_H27.11.07撮影
新幹線から清州城(E席側) H27.11.07撮影

名古屋過ぎて5分くらいで清須城。

パナソニック・ソーラーアーク_H27.11.07撮影
パナソニック・ソーラーアーク(E席側) H27.11.07撮影

岐阜羽島〜米原間で思わず2度見をしてしまう巨大な物体は、パナソニックの太陽光発電施設です。大きさは全長315m、地上高37.1m。5,046枚の太陽光パネルが使用されています。

金生山採石場_H28.03.03撮影
金生山採石場 H28.03.03撮影

向かって左側の山は金生山(かなぶやま通称:きんしょうざん)という採石場。このページによると、かなり興味深い形をしています。山全体が石灰岩でできておりその産出と、化石が多数発掘されることから"日本の古生物学発祥の地"ともよばれています。遠くにあっても大きいので、1分位はこの山の景色を車窓から楽しむことができます。

関ケ原古戦場跡(E席側)_H28.03.01撮影
関ケ原古戦場跡(E席側) H28.03.01撮影

山裾に現れるのは関ケ原古戦場。この地は歴史の上でも、壬申の乱や不破関が置かれた交通の要衝でしたが、現在でも東海道新幹線、東海道本線、名神高速が通り、その重要度は変わっていません。東海道新幹線や名神が雪に悩まされる辺りです。(撮影日も雪が少し積もっていました。) 関ケ原町役場に問い合わせたところ、この看板があるのは徳川家康が最初に着陣した場所(桃配山)の近くだそうです。

727の看板_H28.03.01撮影
727の看板 H28.03.01撮影

雪の中に立つ727の野立て看板。白銀の中でも赤い文字がしっかり目立っています。北の山々は伊吹山地です。

佐和山城跡(E席側)_H28.05.02撮影
佐和山城跡(E席側) H28.05.02撮影

石田三成に過ぎたるものと云われた居城、佐和山城跡です。佐和山(標高232.5m)からは琵琶湖が一望できます。

瀬田唐橋(E席側)_H28.05.02撮影
瀬田唐橋(E席側) H28.05.02撮影

瀬田川の河口にある瀬田唐橋です。歴史上、よく京都防衛の最終ラインとされた場所。この向こうが琵琶湖になります。


新幹線京都到着の車内アナウンス(E席側) H26.12.05撮影

京都到着のアナウンスです。(動画開始後から23秒以降) 山科の辺りで流れます。音楽はこのパターンのほかに"いい日旅立ち"もあります。


新幹線京都到着の車内アナウンス(A席側) H27.11.07撮影

こちらは反対側の席の車窓風景動画です。29秒後にアナウンスが始まります。なお、下り新幹線の指定席・自由席はABCが3席並びで海側、DEが富士山側になります。それぞれAEが窓側です。

新幹線京都到着の車内アナウンス(E席側) H28.03.01撮影

こちらはデッキでE席側の車窓を撮影しましたが、アナウンス前のチャイムが"いい日旅立ち"になっているバージョンです。

京都タワー_H26.12.05撮影
京都タワー(E席側) H26.12.05撮影

アナウンスが始まって30秒ほどすると東山を抜けるトンネルに入ります。トンネルを出ると京都タワーが見え、いよいよ京都到着です。

京都駅ビルと京都タワー_H26.12.05撮影
京都駅ビルと京都タワー(E席側) H26.12.05撮影

駅ビルが見えてくると約2時間の新幹線の旅も終了です。
H28.5加筆修正・写真追加

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.02.29 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【行・帰】京都への足・からの足

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR