【巡】一生に一度のFirst KYOTO "京都の記号を楽しむ" その3

カテゴリ【巡】:京都の旅行計画プレゼン
~おススメの京都の旅行コースをプロデュース、またの名を京極観光社。


ミニブログコーナー:塗装の仕事していると、腹が減るので、ここ半年くらい食事の量が大分増えていたのですが(それでも体重は変わらないんですよ)、ちょっと健康上やばいかなと思い、食事の量を減らすことにしました。食べる前にカップの春雨スープと味噌汁を飲むようにしたら、お昼は弁当1個で済むようになりました。しかも夕方までお腹すきません。春雨スープ意外と効果あります。おススメです。
2日目です。グランヴィアで朝食を済ませたら、京都駅から嵯峨野線で亀岡まで向かって下さい。その前に大きな荷物があるようなら、ホテルのフロントから京都駅の荷物置き場に預けられるサービスを利用した方がいいと思います。このあと、川下りの船に乗るのでスーツケースなど大きな荷物があると舟に乗せることが出来ません。ホテルにチェックイン時に確認してみて下さい。亀岡駅で下車したら、保津川下りの乗船場へ向かいます。ここから川を下って、嵐山までの船旅です。所要時間はおおよそ90分程度、急流あり、深淵ありの保津川の船旅は、緑の季節と相まって印象深いものになると思いますよ。土日祝日は不定期の運航(時刻表通りでなく、舟が満員になると出航するような感じ)になりますが、桜の季節が終わった所なので、乗れないことは無いと思います。一応、朝、嵯峨野線に乗る前に0771-22-5846で確認してみて下さい。ちなみに舟が嵐山につく前になると、食べ物の販売をする船が近寄ってきます。

本来なら、嵯峨野線で嵯峨嵐山駅まで行き、トロッコ列車でトロッコ亀岡まで、そこから馬車でということにしたいのですが、夕方帰るということで、早く行くことを優先しました。

舟が嵐山につく頃、ちょうどお昼頃になると思います。案内があるかと思いますが、船着き場からまっすぐ進むと渡月橋です。食事は渡月橋までの川沿いの旅館やホテルのレストランでもいいですし、渡月橋の交差点を左がに曲がると、嵐山のメインストリートになるので、そのあたりお店でコロッケなどを買って食べ歩いてもいいと思います。

食事を終えたら、良縁、子宝、学問の野宮神社でお参り。そこから竹林の道を通って大河内山荘へ。山がまるごと庭園になっているようなイメージですが、ここは色々な人に紹介して、大抵、皆さんが良かったと言ってくれるスポットです。(余談ですが、近くには御髪神社という髪の毛の神社があります。)

この時点で14時位でしょうか?夕方、帰る時間がわからないのですが、18時位の新幹線と仮定するともう少し遊べますね。先ほどの嵐山のメインストリートにある嵐電の嵐山駅に行き、そこから太秦広隆寺駅下車で太秦映画村に行きましょうか。こちらは大人でも十分楽しめると思います。時代劇の扮装なんかもできますので、家族で変身して写真を撮るのもいいかもしれません。もしかしたら、5万回斬られた男、福本清三先生に遭えるかも。

大分、歩いているので、京都駅まではタクシーで戻ってもいいかもしれませんが、三千円以上はかかると思うので、JRの太秦駅(徒歩5分ほど)まで歩いて、そこから嵯峨野線で京都駅まで戻ってもいいと思います。

言い忘れていましたが、おみやげは帰りまで買う必要ないです。行きの京都駅到着時に見ると思いますが、新幹線改札入った所で、色々な物置いてますので、そこで買えば大丈夫です。ちなみに京都タワーのお土産売り場は現在、工事中のため無くなっています。あと八条口で預けた荷物の受け取りも忘れずに。

以上が、私の提案するコースになります。このコース通りに回らなくてもいいので、あくまで参考ということで考えて頂ければ幸いです。それでは、太郎ちゃん、心に残る楽しい家族旅行を!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.04.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【巡】京都の旅行計画プレゼン

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR