【動】下鴨神社の申

カテゴリ:【動】京都の動物~京都の街の動かない動物たち、つまりオブジェとしての動物を取り上げます。


ミニブログコーナー:もう亡くなられてしまいましたが、必殺というか京都映画の大部屋俳優さんではおなじみのおじいちゃん、山内八郎さん、この間、必殺仕事人73話"断絶技激走! 一直線刺し"で名前がクレジットされていることを発見しました。名前が載っているのみたの初めてでちょっと嬉しかったです。75話"訴え技火だるま身替り消し"の21:50辺りでは、僧侶役でカツラをかぶっていない姿を見ることができます。
下鴨神社・申屋(さるや)_H28.03.03撮影
申屋(さるや) H28.03.03撮影

京都の動物、今回も"さる"のお話。そういえば今年は申年でしたね。下鴨神社に申がいるというので、桃の節句の流し雛の帰りに寄ってみました。申がいるのは南口鳥居の近く、申屋という茶屋です。

下鴨神社・申屋(さるや)の暖簾_H28.03.03撮影
申屋の暖簾 H28.03.03撮影

申屋は下鴨で人気を誇る、あずき処宝泉堂が運営するお茶屋です。2011(平成23)年の5月にオープンしました。店の入り口の暖簾には早速、染め抜かれた申の姿が。

下鴨神社・申屋(さるや)の暖簾_H28.03.03撮影

申屋の暖簾_H28.03.03撮影

烏帽子をかぶり、御幣を持った申です。そういえば新日吉神社の狛猿も、烏帽子をかぶったり御幣を持ったりしていました。

下鴨神社・申屋(さるや)の申餅_H28.03.03撮影
申餅 H28.03.03撮影

今回の目的は、こちらの和菓子。数年前に140年振りに復活したという申餅です。小豆のゆで汁でついた粒餡の餅。明治初年までは葵祭の期間中の申の日に神前に供えられていました。薄いピンク色は"はねず色"といって、明け方の一瞬、空が薄茜色に染まった時の色で、命の生まれる瞬間を表しているそうです。

下鴨神社・申屋(さるや)の申餅_H28.03.03撮影
申餅 H28.03.03撮影

申餅を食べることで、体を清め、元気を頂き無病息災に過ごせるのだとか。神職が祭礼の期間中、禊のために飲むというまめ豆茶という黒豆茶付のセットで500円です。味は特段、特徴があるわけではないのですが、ちいさい餅が二つなので、ちょっと一休み程度には適当な分量です。

下鴨神社・申屋(さるや)の店員_H28.03.03撮影
申屋(さるや)の法被_H28.03.03撮影

店員さんの茶色の法被にも、申の姿が染め抜かれていました。

下鴨神社・言社_H26.06.07撮影
下鴨神社・言社 H26.06.07撮影

ちなみに下鴨神社の中門内には十二支を祀る、言社(ことしゃ)という七つのお社があります。こちらは申と辰を祀る三言社(南社)です。申年の方は御参拝されてみてはいかがでしょうか。
さるや宝泉:
京都府京都市左京区下鴨泉川町59下鴨神社境内
075-781-0010

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.05.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【動】京都の動物

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR