【滞】梅雨時の京都を案内する旅 6/30

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後/日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:来月、仕事の関係で引っ越しすることになりました。二十数年ぶりに小学校から大学卒業まで住んでいた、東京の多摩地区に戻ります。不安の方が大きいですが、その前に引っ越しでやることが大量にあるので、これから一月、荷造りの毎日です。
6月30日(木)の滞在記録
祗園白守_H28.06.30撮影
祗園白守 H28.06.30撮影

今回は知人の会社の、お得意様を京都へご案内するという、重大な使命を帯びた旅です。当日朝、起きたところ、昨年購入した祗園白守(ムクゲ)の真っ白な花が突然開花していて、何か運命的なモノを感じてしまいました。クライアントとは、品川駅で待ち合わせて8:30ののぞみに乗車。富士山の景色を楽しめるようにと、DE席を指定で取ったのですが、あいにくの曇り空で、車窓の景色は楽しむことが出来ませんでした。お昼が早いので弁当類も特に購入しなかったので、京都までおしゃべりしたり、疲れたらウトウトしたり・・・。クライアントといっても、共通の知り合いが多いので、彼女とは会話には事欠きません。

南禅寺・順正 お品書き_H28.06.30撮影
南禅寺・順正 お品書き H28.06.30撮影

京都駅には10:41到着。天気は曇っていますが、なんとなく蒸します。この日は一日、こんな感じでした。京都駅からそのままタクシーで南禅寺門前の順正へ。昼食は湯葉会席です。クライアントが湯葉が好きということなので、チョイスしてみました。私自身、いつもはこんな高級料理は食べないのですが、今回は特別。鍋からくしで取ってポン酢で食べる引き上げ湯葉、美味かった。お互い酒好きなので、日本酒をお供に1時間半ほど食事を楽しみました。ちなみに今回はご案内メインなので写真はアイフォンのみ、いつもならブログのネタに食事も写真を撮るのですが、そちらも控えています。

八坂神社・茅の輪_H28.06.30撮影
八坂神社・茅の輪 H28.06.30撮影

河原町御池のホテルオークラへで荷物を預けてから、四条大橋の東詰で下車。ここからは祇園散策です。白川南通りから巽橋を渡って四条通りへ。そのまま東へ進んで八坂神社。本日は6/30で夏越の大祓、八坂神社に芽の輪が出る日です。作法が難しいのですが、これはくぐらない手はないと、作法の書かれた案内板をスマホで撮影して、それを見ながら芽の輪くぐりをしてみました。

三年坂・洗顔地蔵_H28.06.30撮影
三年坂・洗顔地蔵 H28.06.30撮影

南門から八坂神社を出て、石塀小路から八坂の塔、三年坂といつもの東山王道コース。ところどころの店で土産物屋を覗きながら散策します。二年坂の手前辺りから望む八坂の塔の姿はクライアントにも、喜んで頂けました。写真は、よくテレビで取り上げられる蒟蒻シャボンの店にあった洗顔地蔵。右手を頬にあて、左手でシャボンを持つ姿が何とも可愛らしい。

地主神社・茅の輪_H28.06.30撮影
地主神社・茅の輪 H28.06.30撮影

三年坂からそのまま清水へ。人は平日なのでやや少なめ。少ないと言っても、休日よりというだけで、混んでいることには変わりありません。それでも外国人観光客の多さに、クライアントも驚いていました。混んでいるので、アトラクション的存在の随求堂、胎内巡りは諦めて、清水の舞台から地主神社へ。境内では夏越の大祓の神事が行われていて、さらに大混雑。修学旅行生の姿も大勢見かけましたが、皆さん中学生のようです。近年は高校生は海外に行ってしまうのかな?クライアントが少しお疲れの様子なので、境内の茶屋で少し休憩、食器を見たいというご希望があったので、茶碗坂の清水焼のお店を物色しながら五条坂の交差点まで降りて行きます。

ホテルオークラ客室から_H28.06.30撮影
ホテルオークラ客室から H28.06.30撮影

夕食の時間が早いので、本日の観光は早々に切り上げて、ホテルオークラへ戻りました。30分ほど、足ツボに寄ろうかとも思ったのですが、電話したら混んでいるそうで断念。チェックインすると、JTBで申し込み時には満室だった東山が見える高層階の部屋にキャンセルが出たのでしょうか、オプション料金なしで案内して貰えました。目視で確認できるところだけでも、清。水寺から金戒光明寺辺りまで一望できる、素晴らしい眺めの部屋でした。京都で高い宿に泊まるのは10年ぶり位なので戸惑いが若干ありましたが、休憩、買い物を済ませて夕食へ。

梅むら・納涼床_H28.06.30撮影
梅むら・納涼床 H28.06.30撮影

夕食はホテルのすぐそば、木屋町三条の梅むらの納涼床を予約しました。私自身、初納涼床で案内を忘れて、興奮気味でした。18時過ぎ、着いた頃はまだ陽がありましたが、日が暮れた後の鴨川の風景は、酒によく合います。二人で日本酒をガンガン飲んで、京都の夜を満喫しました。酔い覚ましにで木屋町四条まで歩いて、再度、もみの気ハウスの足ツボに行ってみましたが、また一杯で断念、その後は予定通り、先斗町のバー、ママトルティでちょっと飲んで、タクシーでホテルへ帰還しました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.07.14 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR