【祇】後祭・宵山を歩く~八幡山・鷹山(休み山)

カテゴリ【祇】:祇園祭~京の夏を彩る華やかな祇園祭の風景を、色々な目線でお届けします。


ミニブログコーナー:ようやく引っ越し終了。片づけはまだまだですが、一部屋増えたので、荷物の多い私にとっては快適な生活ができそうです。家賃も安くなりました。都内まで少し遠いけど。
前記事同様、夜間にスマホで撮影しているので、今回も写真、動画が鮮明ではありません。悪しからずご了承下さい。

八幡山_H28.07.23撮影
八幡山 H28.07.23撮影

新町通りを歩いて、六角通りを越えると本日4つ目の山鉾、八幡山の町内、三条町です。八幡山の会所は路地を入ったところにあります。軽く行列が出来ていましたので、並んでみました。

八幡山・ご神体_H28.07.23撮影
八幡山・ご神体 H28.07.23撮影

八幡山のご神体は、平時は会所の中に祭られている総金箔の八幡宮。これをそのまま、舁山の上に乗せてしまいます。ちなみに八幡宮の中のご神体は、運慶作の応神天皇騎馬像。弓矢の神である八幡神は、応神天皇と同一とされていることからだそうです。

八幡山_H28.07.23撮影
八幡山 H28.07.23撮影

八幡山の売り子はみんな子供さん。小学生の女の子が声を揃えて『鳩笛どうですか〜』 立ち止まると絶対買わないといけない雰囲気。買っても良かったのですが、出世開運の鯉山で買いたかったので、若干心を痛めつつ、そそくさと八幡山を後にしました。


H28.07.23撮影

南観音山の日和神楽に出会いました。明日の晴天を願って、お囃子のある山鉾が屋台に鐘や太鼓を積み、四条寺町の御旅所までお参りに行きます。

鷹山_H28.07.23撮影
鷹山 H28.07.23撮影

今回見たかったものの一つは、1826(文政9)年以来、休み山になっている鷹山のお囃子です。2026年までの復興を目指して、昨年からお囃子が復活しました。太郎山、樽負山ともよばれ、"細川家絵巻"によると往年は大きな曳山であったそうです。


H28.07.23撮影

ちょうどお囃子の実演の最中でした。建物の前のちょっとしたスペースを会場にしていますが、お囃子に強い熱気を感じます。復興に向けての意気込みが凄い。終了後、観客も大きな拍手を送っていました。大船鉾に続いての復興を心から応援しています。(鷹山公式サイト

鷹山・ご神体_H28.07.23撮影
鷹山・ご神体 H28.07.23撮影

鷹山のご神体は左から鷹匠(たかじょう)、樽負い、犬飼いの3体の男性の人形です。(きれいな写真はこちらで) 公式サイトによると在原行平が光孝天皇の御幸で鷹狩りをする場面を表しているそうです。写真でははっきりしませんが、三体とも表情豊かなご神体です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.08.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【祇】祇園祭

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR