【祇】後祭・山鉾巡行~黒主山・鈴鹿山・南観音山・八幡山

カテゴリ【祇】:祇園祭~京の夏を彩る華やかな祇園祭の風景を、色々な目線でお届けします。


ミニブログコーナー:ようやくアイフォンが直りました。アップルの保証に入っていたので、1万円位の負担で新しいものに交換出来て良かった。でもそれにしても、アップル製品は対応に時間かかりますね。もうちょっと、対応何とかならないんでしょうか。ま、壊すなって話なんですけどね。自分の不注意だから仕方ないか。
黒主山_H28.07.24撮影
黒主山 H28.07.24撮影

5番手は夏に咲く桜の山、黒主山です。昨日、粽と団扇を購入させて頂きました。桜はもちろん造花ですが、粽と同じく戸口に挿すと魔除けになると言われています。この桜が、翌年の粽にあしらわれるのです。ちなみに黒主山では食べられる粽も販売しています。

黒主山_H28.07.24撮影
黒主山 H28.07.24撮影

朱傘の下で、たわわに咲いた桜を仰ぎ見ている白髪の老人が、六歌仙の一人でもある大友黒主です。この山は謡曲「志賀」を題材にしています。

黒主山_H28.07.24撮影
黒主山 H28.07.24撮影

舁き手の衣装も青地に黒の縦縞で鮮やか。昨日見た黒主山のTシャツや団扇も黒地に赤のロゴで、センスの良さを感じます。

鈴鹿山_H28.07.24撮影
鈴鹿山 H28.07.24撮影

朱傘と鳥居が見えるのは鈴鹿山。先祭の孟宗山とともに烏丸通りに建つ山です。天下の三関の一つである鈴鹿の関鈴鹿山で、旅人を苦しめた悪鬼を退治する鈴鹿権現がモチーフになっています。

鈴鹿山_H28.07.24撮影
鈴鹿山 H28.07.24撮影

真松に吊るされている絵馬には、鳥居、松、木立、宝珠が描かれており、巡行後に盗難除けの護符となるそう。また写真では、見えませんが、山の後ろには赤熊で、倒した鬼の首を表現しているのだとか。

鈴鹿山_H28.07.24撮影
鈴鹿山 H28.07.24撮影

一瞬、異彩を放つラクダの前掛は1989(平成元)年に新調されたもの。"黄砂の道"というタイトルがつけられています。鈴鹿がかつて交易の町として栄えたことから、この題材が選ばれたとの話も。

鈴鹿山_H28.07.24撮影
鈴鹿山 H28.07.24撮影

鈴鹿権現は金の烏帽子をかぶり能面を着け、大長刀を持った女性の姿です。源平合戦を彩る女武者・巴御前をモデルにしているのだという説もあります。写真で右手に見えるのは中啓(扇の一種)です。


H28.07.24撮影

南観音山がやってきました。別名下り観音山とよばれる曳山です。くじ取らずで後祭の6番目を進みます。遠くからお囃子が聞こえてくる風情を、動画で楽しんで頂ければと思います。昨日の暴れ観音のおかげか、観音様はお鎮まりになられているようです。

八幡山_H28.07.24撮影
八幡山 H28.07.24撮影

続いて7番目は八幡山。鳥居と総金箔の祠を山にした、華麗な舁山です。かつては町会所の庭に祭られている祠を山に乗せていましたが、さすがに現在は総金箔の祠は通常、土蔵に収納されているそう。

八幡山_H28.07.24撮影
八幡山 H28.07.24撮影

鳥居の笠木の上には一対の鳩が向かい合っています。元々は名工、左甚五郎の作ですが、現在は復元品で巡行に参加しています。本物は昨日の宵山で展示されていました。一対の鳩は夫婦和合の象徴とされています。

八幡山_H28.07.24撮影
八幡山 H28.07.24撮影

八幡様の使いが鳩なので、八幡山では鳩がシンボルです。授与品にも、子供の夜泣き封じの鳩笛や鳩鈴が用いられています。子供が喜びそうなまん丸くデフォルメされた可愛らしい鳩です。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2016.09.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【祇】祇園祭

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR