【滞】鴨川の源流を訪ねる 9/23

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:新年あけましておめでとうございます。昨年は魂京都をご覧頂きありがとうございました。ありきたりなご挨拶ではございますが、本年もどうぞよろしくお願い致します。
9月23日(金・祝)の滞在記録

四条大橋から鴨川上流_H28.09.23撮影
四条大橋から鴨川上流 H28.09.23撮影

疲れのせいか、京都にいるのに珍しくテンションが上がりません。10時にホテルを出て10時半過ぎても行先が決まらず。雨は降っていないものの、はっきりしない天候のせいかもしれません。鞍馬寺、比叡山、どこに行こうかとと迷ったあげく、結局、鴨川の源流を見に行くことにしました。久しぶりにバイクを借りることに。

レンタルバイク_H28.09.23撮影
レンタルバイク H28.09.23撮影

阪急で西院まで移動して、レンタルバイク京都の店舗で原付をレンタルしました。バイクを借りたら、運の良いことに天候は日が射すくらいに回復してきました。昼食は前回食べたグリル生研会館でもう一度!と思ったのですが、貸し切りのため残念ながら断念。スタート地点は、賀茂川(鴨川でなく)からにしたいので、出町柳まで向かい、川沿いのボンボンカフェで昼食してから出発。とりあえず加茂街道を北へ進みます。

柊野堰堤_H28.09.23撮影
柊野堰堤 H28.09.23撮影

出発後、風は冷たくなったり暖かくなったりでしたが、雨が降らなかったのは幸いでした。そういえば、この日は、2時間ほど前に藤原紀香さんが上賀茂神社で挙式でしたが、加茂街道は特に道が混んだりはありませんでした。写真は時代劇のロケでよく使われる柊野堰堤ですが、このあたりまでは川も普通の川で、周辺の景色も普通の地方の住宅街という感じです。

川の風景_H28.09.23撮影
川の風景 H28.09.23撮影

柊野を越えたら雰囲気が変わり、山道に入りました。車線が無くなったり、車のすれ違いが難しい位、細くなったり。でもたまに少し広い道になったりもして、大型トラックもちょこちょこ通ってます。夜に走るのはちょっと怖い。街灯は時折あるという感じです。道と川がくっついたり離れたりしながら、登っていきます。

市の瀬の集落_H28.09.23撮影
市の瀬の集落 H28.09.23撮影

雲ヶ畑市の瀬の集落につきました。ドラクエをやっていて、ようやく村にたどり着いた気分です。場所によっては携帯圏外の所もありますが、山の中だから仕方がない。集落の先まで行くと、川も細くなってきました。周囲は川の音と鳥の声、時折通る車の音。この辺りは、水とともに生きてる静かな山村という印象を受けました。

岩屋橋_H28.09.23撮影
岩屋橋 H28.09.23撮影

コンクリートの欄干がすっかり苔むしている岩屋橋まで到着しました。目的地まであと1.4kmほど。スマホは完全に圏外です。岩屋橋を通過すると少し登りきつくなります。あまり車の通ったあともなさげな道で、横を流れる川も完全に山中の川の風情です。数日前に台風が通過したせいか、木が倒れてちょっと荒れた感じ。

志明院_H28.09.23撮影
志明院山門 H28.09.23撮影

到着したのは岩屋山志明院というお寺です。真言宗の単立寺院で、境内の洞窟から染み出る水が、鴨川の源流になっているということを以前テレビで見て、今回訪れた次第です。司馬遼太郎が好んだ、境内の森が"もののけ姫"のモデルになったというエピソードもある興味深いお寺。掃除をしていたご婦人に案内を乞うと、時間も15時半を過ぎていたせいか、慌ただしく案内されました。なるべく早く出てきてほしいとのこと。

志明院_H28.09.23撮影
志明院山門 H28.09.23撮影

この山門の奥は写真撮影禁止とのことで、カメラも預けて山門の中に入りました。山門の中はそれほど広くなく、若干険しい山肌に小さなお社や祠、洞窟が点在していました。洞窟からは水が染み出ている様子が見えなかったので、後ほど尋ねてみると、鴨川の源流というのは宗教的な意味でということだそうで、実際に洞窟から水が染み出ているわけではないそうです。

H29.7.14追記→7/11のBS朝日"京都ぶらり歴史探訪"で志明院が取り上げられてて、神降窟(しんこうくつ)という洞窟から水が染み出ている映像がありました。また飛龍の滝をはじめ、桟敷ヶ岳から集まった水が境内を流れる映像も拝見しました。おそらく、私が見た洞窟は、神降窟ではなく歌舞伎の"鳴神"の舞台になった護摩の岩屋だったのかもしれません。いずれにしても、志明院もしくはその近辺が、宗教的な意味も含めて複数ある鴨川の源流の一つであることは間違いなさそうです。

鴨川の起点_H28.09.23撮影
鴨川の起点 H28.09.23撮影

そそこさと志明院を後にして、バイクで再び山道を下っていきます。途中、雲ヶ畑の集落の案内図で"鴨川起点"と記されている場所がありました。この川の少し奥っぽいのですが、どこなのかちょっとよくわかりませんでした。いずれにせよ、この小さな川が、やがて京都盆地を潤し、都の風情を醸す川になっていると思うと、感慨深いものがあります。

レンタルバイク京都_H28.09.23撮影
レンタルバイク京都 H28.09.23撮影

西院でバイクを返却。久々の京都バイク観光は、雨にも降られずとても快適な一日でした。翌日は神戸に行きたいところがあったので、この日はいつもの茨木の叔母の家に泊まることに。西院から阪急線で京都を後にして、茨木市駅にそのまま向かいました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.01.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR