【石】東山・路傍の触れ仏 その2

カテゴリ:【石】京都の石仏~雨の日も風の日も京の街を山を水辺を護り続ける"いしぼとけ"達


ミニブログコーナー:今年もアジサイの挿し枝を始めているのですが、調子に乗っていたら20枝近くなってしまいました。全部根が出たらどうしよう、ベランダが狭いので確実に家では管理できなくなります。養子に出すことも考えないとな~
岡林院入口_H29.04.25撮影
岡林院(こうりんいん)入口 H29.04.25撮影

次の場所は少し見逃しやすい場所です。月眞院からねねの道を20mほど進むと、写真のような小さな和風のコーヒーショップがあります。ここを目印に路地を入っていきます。

岡林院_H29.04.25撮影
岡林院 H29.04.25撮影

入った先は高台寺塔頭の岡林院です。ねねの道から隠れて観光客を避け、ひっそりと佇んでいるかのよう。通常非公開のお寺です。

岡林院の三地蔵_H29.04.25撮影
岡林院の三地蔵 H29.04.25撮影

こちらは三地蔵になっています。見ざる聞かざる言わざるの三猿とは逆で、見るぞ言うぞ聞くぞという積極的な姿勢を表しているそう。ひっそりと建つ塔頭のイメージと正反対なのが面白いです。この手の三〇〇は初めて拝見しました。

高台寺・台所坂_H29.04.25撮影
高台寺・台所坂 H29.04.25撮影

ねねの道沿いにある触れ仏はここまで。次はねねの道を来た方向に戻って、月眞院の脇の台所坂を上ります。

高台寺天満宮_H29.04.25撮影
高台寺天満宮 H29.04.25撮影

上がりきると高台寺と霊山観音の駐車場がある広いスペースになりますが、その中に高台寺天満宮という小さな社があります。

秀吉・ねねの像_H29.04.25撮影
秀吉・ねねの像 H29.04.25撮影

天満宮の隣のお土産屋の前にあるのが、秀吉とねねの石像です。デフォルメされて可愛いらしくなっていますが、唐冠をかぶっているので晩年の秀吉と思われます。秀吉を描くのに、みなが苦労する狂気の頃の秀吉はこんなに可愛くないと思わず、私は苦笑い。

駐車場の看板_H29.04.25撮影

駐車場の看板 H29.04.25撮影

それでも現世では、秀吉とねねは外国語を使いこなす高台寺の公認キャラクターとして頑張っているようです。

秀吉・ねねの絵馬_H29.04.25撮影
秀吉・ねねの絵馬 H29.04.25撮影

秀吉とねねにあやかって、このような恋愛成就の絵馬も作られています。しかしながら、秀吉の側室の数はwikipediaで調べたら13人!絵馬にしていいのか悪いのか(笑)

臥牛_H29.04.25撮影
臥牛(がぎゅう) H29.04.25撮影

天満宮の前には臥牛の像。いきなり牛が登場しましたが、この臥牛も東山の触れ仏に含まれています。以前、当ブログでも北野天満宮の臥牛で取り上げましたが、牛は天神様の使いとされているため、天満宮があるこの場所に置かれているのです。臥牛の場合は、自分の体の調子の悪い所と同じ所を触ります。

高台寺天満宮のマニ車_H29.04.25撮影
高台寺天満宮のマニ車(ぐるま) H29.04.25撮影

最後の二つの触れ仏はやや趣旨が違うような気もするのですが、まず高台寺天満宮のマニ車。天満宮の正面以外の三方を取り囲むように設置されている、金属の鐘のような物体です。

高台寺天満宮のマニ車_H29.04.25撮影
高台寺天満宮のマニ車 H29.04.25撮影

マニ車の中には般若心経が入っていて、1回まわせばそのご利益を受けられるそうです。右手で回しながら時計回りに歩くのだとか。一切経蔵(嵯峨野の清凉寺にありました)の中の輪蔵を回すと、ご利益があるのというのと同じことですね。

霊山観音_H29.04.25撮影
霊山観音 H29.04.25撮影

最後の一つは霊山観音の境内の中にありましたが、時間オーバーで閉門していました。参拝は16時20分まで。外からは見れないかと思い、覗いてみたら・・・

霊山観音・願いの玉_H29.04.25撮影
霊山観音・願いの玉 H29.04.25撮影

見えました。真ん中にある丸い物体が、願いの玉です。右手で触って願いを念じながら、3回まわると願いが叶うそうです。これで東山の触れ仏巡りはおしまい。地図を見ながら普通に回って、40分ほどで回れました。

東山の触れ仏・案内図_H29.04.25撮影
東山路傍の触れ仏・案内図_H29.04.25撮影

ただし、地図がないと若干わかりづらいと思うので、案内図も掲載しておきます。小さくて見えづらければこちらが拡大写真です。

八坂の塔と京都タワー_H29.04.25撮影
八坂の塔と京都タワー H29.04.25撮影

最後は駐車場から見えた八坂の塔と京都タワー。この二つが一緒に撮影できるこの場所は私のお気に入りスポットの一つです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.06.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【石】京都の石仏

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR