FC2ブログ

    【宿】井筒ホテル

    カテゴリ:【宿】京都の宿~サウナ、ゲストハウスも含めた泊まる京都をご案内します。京都旅行のお役に立てば幸いです。


    ミニブログコーナー:今週、風邪をひいてしまいましたが、インフルエンザでなかったです。ところで私は一度も、インフルになったことがないんです。予防注射もしたことないし、いつかは重いのにかかるんじゃないかと不安な毎日です。ちなみに今回の風邪で、今の自分の平熱は35度代ということもわかりました。前は36度代だったんですが・・・どうりで熱っぽいと思って体温計で測っても、熱出てなかったんだ!

    井筒ホテル・外観_H29.06.27撮影
    井筒ホテル・外観 H29.06.27撮影

    こちらの井筒ホテルは、前日泊の旅館あずまやと同時に数日前に楽天トラベルで予約を取りました。" 騒音有 訳ありプラン 宿任せ"ということで一泊税込み素泊まり4,000円です。訳ありの理由をサイトからそのまま抜粋すると、

    "フロントフロアのある1階のお部屋ですので、話し声、足音等の騒音が部屋内に届いてしまいます。部屋内の壁の向こう側に排水管が通っておりますので水の着水音が聞こえます。この2点以外は他のお部屋と設備に変わりはありませんがこのような欠点が御座いますので睡眠等に神経質な方にはお勧めできません。説明を充分にお読み頂きまして、ノークレームでお願い致します。ご了承頂けるお客様へのみ、格安料金でご宿泊頂けるプランです。"

    ということでした。部屋はフロント近くで、しかもエレベーターの脇でしたが別にうるさくもなく、時折水の音が聞こえるくらい。朝方でもエレベーターの音は別に気になりません。廊下の 話し声等はどこに泊まってもこれくらい普通だ思うレベル。

    平日の三条河原町という立地ではやや安め。何といっても四条河原町、木屋町近辺で飲む私にとっては素晴らしい立地のホテルでした。河原町通りに面しており、前がココイチ 隣に丸亀正麺、下が台湾式マッサージになっています。午前中にチェックインさせてくれて部屋まで入らせて頂けたのは助かりました。チェックアウト後も荷物を預かってくれて有難かったです。

    門限後(0:00)は入り口のパスワードで開錠して入館します。2時から6時まではフロントにスタッフがいないそうなのですが、部屋の鍵は持って出て下さいと言われたので、不在の場合もあるのかもしれません。部屋の鍵はオートロックです。チェックアウトは10時(HPでは延長なしとなっていますが、チェックインで渡された紙には30分ごとに1,000円で12:00まで可能となっていました。

    井筒ホテル・客室_H29.06.27撮影
    客室 H29.06.27撮影

    あてがわれた部屋はダブルの部屋でした。電気はスイッチで入れるタイプ(キーについてるバーを挿し込むタイムではない)です。Wi-Fiも問題なく使用でき、パスワードも紙でくれます。

    その他チェックした点
    ・電話はフロントにのみつながるタイプ
    ・ユニットバスでウォシュレットあり
    ・アメニティはアカスリ、髭剃り、スキンケアセット男女用(ダブルの部屋なので)
    ・コンセントはデスクに2つ(1つ電気スタント用) ベッド脇にはそれぞれ1つ  トイレ脇に2つ(1つは加湿機用) 
     ユニットバスに電源二つあり
    ・エアコンは部屋で調整できる
    ・主な電気製品はテレビ、ドライヤー、ポット、冷蔵庫、加湿兼空気清浄機
    ・部屋には目覚まし時計あり(モーニングコールが無い?)
    ・フロントでセルフのコーヒーが無料
    ・朝食付きの場合は近くのタリーズかガストになる。
    ・近くのコンビニは河原町三条のサークルK(100以内・信号渡らず行けます。)

    関連記事
    スポンサーサイト



    テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

    2018.02.02 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【宿】京都の宿

    コメント

    コメントの投稿


    秘密にする

    «  | HOME |  »

    タイムライン

    リンク

    trip-partner197
    Trip-Partner
    ぷらたび


    京都市 ブログランキング

    にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
    にほんブログ村

    都の商売人様バナー
    都の商売人様運営サイト
    “空想の匣”

    プロフィール

    SOULKYOTO

    Author:SOULKYOTO
    東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
    自称・勝手に京都観光大使

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カテゴリ

    カレンダー

    11 | 2019/12 | 01
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    検索フォーム

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR