FC2ブログ

【食】チャーハンのチャーハン付?~チャーミングチャーハン

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。まずかったり、印象悪かった所は掲載していませんので。


ミニブログコーナー:大杉漣さんが急死されたというニュースを聞いて、とても驚いています。個人的には大分昔ですが、大河"義経"の源行家が印象的でした。(源三位頼政は丹波さんでした。J-45さん、スミマセン) 最近では昨年の"ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん"の不器用な父親役も好きでした。本当に惜しい役者さんを無くしたと思います。ご冥福をお祈り致します。どうぞ安らかにお眠り下さい。
私はチャーミングチャーハンという名前が、ずっと前から気になっていました。一体何がそんなにチャーミングなのか。しかもチャーハンにチャーハンがサイドメニューで付けられるらしい。どうしても実物を見てみたいという欲求を抑えられずに今回、堀川丸太町にある店舗を訪ねてみたのです。事前に入れた情報は元々は同志社大学前にあり、そこから堀川丸太町へ移転したらしいということと、現在は北野天満宮近くにもう一店あるということ。夕方早い時間に訪問したら夜の営業がまだっだたので、別の取材で時間を潰して夜に再来訪しました。

チャーミングチャーハン外観_H29.11.03撮影
チャーミングチャーハン外観 H29.11.03撮影

既に辺りは暗くなった18時頃、2度もやってきたことを毛ほども見せないように、ふらっと入店してカウンターに座りました。店内はチャーミングな様子は一切ありません。店内どこも王将などの他の中華チェーンと大して変わらない印象です。壁には芸能人の色紙が十数枚貼ってあり、この当時、例の話題で注目されていた船越英一郎さんのサインもありました。

チャーミングチャーハン・メニュー_H29.11.03撮影
メニュー H29.11.03撮影

芸能人のサインがたくさんあることで分かるように、関西ではバラエティ番組のネタにもなっているという"チャーハンのチャーハン付"は、確かにメニューに載っていました。チャーハンにチャーハンなんか付けて、一体どうしようというのでしょう。"大盛りじゃだめなんですか?"と蓮舫の険しい声が聞こえてきそうです。これはやはり当ブログのためにも、注文するしかないと思いました。

ただし、シラフだったためで勇気が出ず、"チャーハンをチャーハン付で、あと四川風マーボー豆腐を"と無関心を装い、軽めのトーンで注文しました。ただお腹が空いていて、チャーハンをたくさん食べたいんだよという体です。若いアルバイト風の店員さんはというと、ニヤリともせず、至って普通にオーダーをとっていました。完全にノーリアクションです。マーボー豆腐を追加したのは、もちろんカモフラージュのため。念には念を入れて辛目を頼みましたが、かなり辛いと店員さんが言うので"じゃあ普通で"とあっさり変更。

チャーハンのチャーハン付_H29.11.03撮影
チャーハンのチャーハン付 H29.11.03撮影

ほどなく、チャーハンのチャーハン付が運ばれてきました。(写真は麻婆豆腐がメインみたいになってしまいました・・・) メニューには"チャーハン"ではなく"焼飯"とあることに唯一の期待を持っていましたが、メインもサブも間違いなく同じです。チャーハンは乾いた感じの米粒が油で光ってないタイプ。味もどちらかというと薄目で、東秀(東京の人ならわかるか?最近行っていないので今も同じかわかりませんが)や昔の給食のチャーハンに似ています。麻婆は店員さんが言うほど辛くなかったです。最終的にチャーハンのチャーハン付きは、やはり量が多くて少し飽きてしまいました。とは言いつつも、おいしく完食。

スマホで現場からツイートしたら"私にはそんなことをする勇気がない"と書いてくれた人もいましたが、現場では"チャーハンのチャーハン付"を会計している人も一人いたので、もしかしたらポピュラーなのかもしれません。最終的に何がチャーミングなのかは、結局わからず仕舞でした。お会計は税込みで1,450円でした。
チャーミングチャーハン:京都府京都市 中京区丸太町通油小路西入丸太町27 日商岩井丸太町・高陽院ハイツ 1F(MAP)
H29.11.3取材

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2018.02.23 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR