【鳥】京都市街で一番高いところにある鳥居

カテゴリ【鳥】:京都の鳥居
~京都にある珍しい鳥居や特徴的な鳥居をピックアップします。


ミニブログコーナー:夫婦でサザン信者の私たちですが、今年はサザン結成40周年の記念すべき年、誠におめでとうございます。。早速先日、6/25にキックオフライブがNHKホールであると発表されましたが、まず抽選は当たらないだろうと思うので、残念ですがツアーまで待とうと思っています。その代わり6/23にサザン結成の地・渋谷でファン仲間と祝賀パーティーをする予定です。
舞妓の人形_H29.11.04撮影
謎の舞妓人形 H29.11.04撮影

今回ご紹介するのは、京都市街で一番高いところにある鳥居です。それは一体どこにあるのでしょう?ちなみにその場所の大体50m位下では、ちょっと怪しげな舞妓と地方(じかた)の人形が出迎えをしてくれます。

チケット売り場_H29.11.04撮影
チケット売り場 H29.11.04撮影

入口でチケットを購入しました。チケット代は大人770円です。そろそろ勘のいい方はお気づきでしょう。というか、建物の高さ規制がある京都市街で、極端に高い場所といえばここしかありません。

京都タワー_H29.11.04撮影
京都タワー H29.11.04撮影

答えは京都タワーです。京都市内の建物の高さ制限が31m、特例措置で対象外の京都駅ビルが59.8mですから、京都市街地でそれよりも高い場所は一目瞭然で京都タワーということになります。

京都タワーの案内図_H29.11.04撮影
京都タワーの案内図 H29.11.04撮影

この案内図の通り、京都タワーの台座になっている京都タワービルの11Fが京都タワーの1Fとなっており、ここからエレベーターで展望台へ上がっていくのです。今回は展望台にあるという、とある神社の鳥居を見に行きます。

京都タワーの案内図_H29.11.04撮影
京都タワーの案内図 H29.11.04撮影

展望台は地上100mにあります。タワーの先は地上131m、これは建設当時の京都の人口にちなんでいるのだとか。

京都タワー展望台から東本願寺_H29.11.04撮影
展望台から東本願寺 H29.11.04撮影

展望台にあがりました。鳥居を見る前に、せっかくなので上空からの風景を少し楽しみましょう。展望台北側のすぐ下には、東本願寺の御影堂、阿弥陀堂の大屋根が見えます。地上ではあれだけの大きな建物も100mの高さからでは手に取るよう。

京都タワー展望台から烏丸通り_H29.11.04撮影
展望台から烏丸通り H29.11.04撮影

上から見ると東本願寺の前から、烏丸通りが北へまっすぐ伸びているのがよくわかります。北大路通りまで約6.3kmが一直線、京都ならではの光景です。京都盆地は南から北へと緩やかに高くなっていますが、ちょうど北大路通りの辺りがタワー3Fの50m位の高さになります。

京都タワー展望台から渉成園_H29.11.04撮影
展望台から渉成園 H29.11.04撮影

烏丸通りの東側に視線を移します。ビルに囲まれた緑地は、東本願寺の飛地境内の渉成園です。

京都タワー展望台から比叡山方面_H29.11.04撮影
展望台から比叡山方面 H29.11.04撮影

さらに北東の方角を見ていくと、手前の赤い鳥居が平安神宮の大鳥居で、その後ろが比叡山。どこからみても、比叡山はてっぺんに木がちょろちょろと顔を出しているので、私はすぐそれとわかります。

京都タワー展望台から清水寺方面_H29.11.04撮影
展望台から清水寺方面 H29.11.04撮影

東山方面を眺めると、清水寺の赤い三重塔が目に飛び込んできます。その向かって右が、現在修理中の本堂と奥の院が確認できます。塔の向かって左はおそらく、八坂の塔だと思われます。またその下の方の鳥居は、方角から行って豊国神社の鳥居ではないでしょうか。

京都タワー展望台から霊山観音_H29.11.04
展望台から霊山観音 H29.11.04撮影

少し北東に視線を動かすと、山裾でひときわ目を引く白い仏像は霊山観音、その北方に太陽光パネルのように見えるのは、現在修復中の知恩院御影堂の作業用の覆いです。

たわわちゃん神社_H29.11.04撮影
たわわちゃん神社 H29.11.04撮影

さて今回のお目当ての鳥居は、こちらの鳥居、地上100mの高さにある京都市街で一番高い場所にある鳥居です。展望台の東側、だいたい清水寺のある方を向いて建っているイメージになります。

たわわちゃん神社・鳥居の扁額_H29.11.04撮影
たわわちゃん神社・鳥居の扁額 H29.11.04撮影

この神社は"たわわちゃん神社"といいます。京都タワー開業50周年を記念して、2014(平成26)年に誕生しました。本物の神社なのか?というツッコミは、この際無視させて頂きますが、云わずと知れた"たわわちゃん"は、京都タワーのマスコットキャラクターです。

たわわちゃん神社・鳥居の土台_H29.11.04撮影
たわわちゃん神社・鳥居の土台 H29.11.04撮影

コンクリート風の鳥居の土台には、両方ともたわわちゃんのアウトラインが彫られています

黄金色のたわわちゃん_H29.11.04撮影
黄金色のたわわちゃん H29.11.04撮影

鳥居の向こうの祠に鎮座するご神体は、もちろん金色に輝くたわわちゃん。この神社は、たわわちゃんをデザインした"もへろん"氏によりプロデュースされました。ご存知かもしれませんが、"もへろん"氏は"ひこにゃん"の生みの親でもあります。

阿吽の八咫烏_H29.11.04撮影
阿吽の八咫烏(やたがらす) H29.11.04撮影

狛犬代わりに、たわわちゃんの左右に控えるのは、三本足の阿吽の八咫烏です。たわわちゃん神社の運営には下鴨神社が協力しています。そのため下鴨神社の糺の森にある河合神社を本宗(仏教でいう本山)としている八咫烏が用いられたそうです。

たわわちゃん神社・絵馬掛_H29.11.04撮影
絵馬掛 H29.11.04撮影

神社らしく、絵馬も用意されています。こちらもデザインはたわわちゃん仕様です。納められた絵馬は、最終的に下鴨神社に奉納されます。

たわわちゃん神社・絵馬_H29.11.04撮影
絵馬 H29.11.04撮影

絵馬に赤い紐で5円玉を括り付けることで、目指すものへの"御縁"があるのだとか。結び目が多いほどよいという話も。

京都タワー・たわみくじ_H29.11.04撮影
たわみくじ H29.11.04撮影

絵馬があるなら、ガチャガチャで販売される"たわみくじ"もあります。1回100円です。後ろにはちゃんと結びつける場所も用意されています。

京都タワー_H29.11.04撮影
京都タワー H29.11.04撮影

今回は、京都市街で一番高い場所にある鳥居の御紹介でした。最後に思ったのですが、これを"京都市内"という括りにしたら、愛宕神社になるのでしょうか?
京都タワー:京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町721-1(WEB/MAP)
H29.11.4取材/H30.5公開

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2018.05.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【鳥】京都の鳥居

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR