【宿】京の旅館通り

京の旅館通りの案内板_H24.11.10
旅館通りの案内板
H24.11.10

泊まったことはないのだが、京の宿を紹介するのにこの通りは欠かせない。京都駅前の烏丸通りの一筋東にある不明門通り(あけずとおり)は京の旅館通りと呼ばれており、名前の通り、京都駅前から旅館がこの細い通りに立ち並んでいる。

塩小路通りから不明門通りへ_H24.11.10
塩小路通りから不明門通りへ
H24.11.10撮影

不明門通りは、この通りの北端の松原通り上る因幡薬師堂(平等寺)門がいつも閉じられていることからつけられた。本来は「あけずのもんとおり」だが通常は「あけずとおり」と呼ばれている。この通りが京都駅前に位置することと、東本願寺の門前を通っているため、観光客や門徒を泊めるためにこの辺りに旅館が多く出来たらしい。東本願寺の前では、烏丸通りが拡張しているために、この通りは、烏丸通りに呑みこまれている。

木津屋橋通不明門_H24.11.10撮影
木津屋橋通不明門
H24.11.10撮影

駅側から旅館通りを歩いてみてまず目を引くのは、木津屋橋通りを越えて右手の創業昭和35年の和風旅館西喜楼。玄関の先が池になっている。ビジュアル的に十分インパクトがある造り。料金的には素泊まりでバス・トイレ無しで6,300~6,825円、バス・トイレ付でも7,875~10,500円とHPに表記がある。

西喜楼_H24.12.09撮影
西喜楼
H24.12.09撮影

大きい所では、旅館銀閣。某旅行サイトのレビューを見てみると、なかなか評判は良さそう。やはり駅から近いことをメリットにしている人も多いようだ。価格は和室12畳の素泊まりで2名利用時8,400円~14,000円/人。別のサイトではバス付個人11,000円~21,000円で紹介されている。銀閣自体ののサイトは綺麗なサイトだが、空室検索やプラン表示の機能がきちんと動いていないようだ。

旅館銀閣_H24.12.09撮影
銀閣
H24.12.09撮影

何年か前に泊まろうと思って、予約なしでどこかの旅館に入ったが、門限があったので面倒になって泊まるのを止めた覚えがある。駅前の大きなホテルもいいけれど、たまには静かな裏通りの旅館に泊まってみるか。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.12.08 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【宿】京都の宿

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR