【番】知られざる物語 京都1200年の旅「冬のぬくもり 京の食」

カテゴリ【番】:京都の番組
~京都がテーマの番組の紹介、感想です。



BS朝日で放送されている京都の伝統文化、自然、寺社などを紹介しながら1200年の歴史をひもといて行く知的エンターテイメント番組。お茶の間にいながら京都に行った気分になれる貴重な番組。京都を思わせるようなゆったりかつ重厚なテーマ曲や升毅さんの柔らかなナレーションも魅力です。録画したDVDを見ながら眠ると幸せな気分で眠れます。そんな素敵な番組を紹介していきます。必ず再放送もあります。

特に寒さが厳しいと言われる冬の京都。木枯らし吹くこの季節、寒くなってくると誰もが恋しくなるのは、温かな味。ここ京都にも、古くから人々の心と体を温めてきた歴史ある「冬の味」があります。(番組HPより)

清水奥丹_H24.12.09撮影
清水奥丹
H24.12.09撮影

今回は私の苦手な領域、食の話。このブログでも「【食】京都で食べる」のカテゴリーがありますが、ファストフードの記事ばかりなので、うまく表現できるかどうか・・・・?

京都の食で一番思いつくのが湯豆腐。今回の番組も湯豆腐を切り口に番組が進行していきます。私自身は、京都の湯豆腐にはあまり良いイメージがないんですね。一回の食事で豆腐なのに数万円もかかるような無駄に敷居が高いイメージ。南禅寺の門前で昔、湯豆腐を一度食べたことはあるんですが、よく覚えていません。また、全てとはいいませんが、名物にうまいもの無しといわれるように、よそ者を舐めている?ような感じです。

今回この番組で、三年坂の先の湯豆腐屋、清水奥丹さん、私も何度も前を通っていますが、昔どうふの製造を見て京の湯豆腐のイメージが随分変わりました。昔ながらの製法を守りながら真摯に豆腐を作り続けている、そんな姿に今まで、湯豆腐のことを偏見でしかみていなかったような気がしました。

また奥丹さんの広い庭園が、味だけでなく雰囲気を味わってもらう為にこの庭園を造ったという心意気にも感じ入りました。いつも入口に大勢の観光客がいて、豆腐まんじゅうを食べていたりしているのは目につくのですが、あの中にあんな素晴らしい庭園があったとは。

奥丹さんのHPでは「滋賀県比良地方で無農薬栽培された大豆を、滋賀県比良地方の地下水を用い作りました。渡来以来、奥丹清水当主により伝えられた少し固めの純古代作りのお豆腐です」と昔どうふが紹介されています。番組にも出てきた文字の書かれた個性的な七輪に乗せられた湯豆腐の鍋、昔どうふ一通りが4,200円。決して安いとは言えませんが機会があれば、あの素晴らしい庭園を眺めながら食べてみたいと思います。

今回の番組では、その他にももっと多くの「京の食」が紹介されましたが、私の文章力ではこれでお腹が一杯です。興味のある方は来週の再放送をご覧下さい。

番組HPはこちら
再放送はBS朝日12/25 22:16~

追記
この番組の年内の新作の公開はこれで最後。スタッフの皆さん、今年も本当に素晴らしい番組をありがとうございます。来年も楽しみにしています。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2012.12.21 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【番】京都の番組・映画

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR