【滞】嵐山からの京都駅ビル探検隊 3/5

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:急なんですがまた明日、京都へ行くことになりました。今回も短期滞在で明後日の午前中には京都を発ちます。
3月5日(日)の滞在記録

からすま京都ホテル_H29.03.05撮影
からすま京都ホテル H29.03.05撮影

昨晩は遅くまで"大人の魂京都"をしていたのでチェックアウトはギリギリの10時。帰りの新幹線が15時なので、今日もあまり時間がありません。からすま京都ホテルに宿泊するのは今回で2回目ですが、外から見ると巨大な横断歩道のよう。近場で軽く朝食を済ませて、阪急の烏丸駅へ。

嵐山公園_H29.03.05撮影
嵐山公園 H29.03.05撮影

到着したのは嵐山です。昨日同様、短い滞在でも手っ取り早く京都を味わえる場所としてチョイスしました。何はともあれ、まずは渡月橋です。

ゆいはんのサイン_H29.03.05撮影
ゆいはんのサイン H29.03.05撮影

渡月橋を渡って、嵐山の目抜き通りを散策します。唐辛子屋に、ゆいはんと川栄さんのサインが飾ってありました。アクセスアップの下心もあり、ついついツイッターに投稿してしまいました。ちなみに"世界一辛い""狂辛というだけあって、"舞妓はんひぃ~ひぃ~"は超辛!!確か一味だったと思いますが、もし試食したのが七味だったら、一味はどんなに辛いんだろう。いずれにせよ私には無理。

例の踏切_H29.03.05撮影
例の踏切 H29.03.05撮影

ここは例の踏切です。通る人は皆同じ事を言っており、人力車の車夫も案内のネタにしていました。ある意味、観光スポットになっています。いい加減、もう許してあげましょうよ。

竹林の道_H29.03.05撮影
竹林の道 H29.03.05撮影

竹林の道は午前中ということもあり、若干空いています。竹林の道を抜けて、大河内山荘に寄ろうかとも思いましたが、姫は庭園にはあまり興味がなさそうなので、嵐山公園を上の方に登っていきます。

保津峡_H29.03.05撮影
保津峡 H29.03.05撮影

以前、ブラタモリで紹介していた保津峡一望スポットです。今回も一時間に一本のトロッコ列車が通るところには、出くわしませんでした。ああ、星のやに泊まってみたい。でも泊まったら木屋町には飲みに行けないだろうな(笑)

リカちゃん舟_H29.03.05撮影
リカちゃん舟 H29.03.05撮影

これも前に出くわしたリカちゃん舟。岸にいるおじさんがリモコンで操作しているのですが、舟は2種類あることが判明しました。舟に興味を持った人が川に近づくと、舟を岸に寄せてくれますよ。ちなみに竿も動いて、お客のリカちゃんも手を振ります。舟の動力は後ろのスクリューです。

鳥居本三姉妹_H29.03.05撮影
鳥居本三姉妹 H29.03.05撮影

鳥居本三姉妹?京都市交通局に続く新しい萌えキャラ発見か。調べてみると、近畿自動販売機サービスという会社が2016年に発表したキャラだそうです。FBページもありますが、萌えキャラにしては、なんとなく老け顔だな。

自動販売機_H29.03.05撮影
嵐山の自動販売機 H29.03.05撮影

それよりもこの自動販売機、広告規制でエンジ色になってます。以前、当ブログでも"京都の看板"で、京都ならでは看板を取り上げていたので今でも気が付くとチェックしてしまいます。このあと、JR嵯峨嵐山駅から京都駅まで電車で戻りました。

駅ビルの結婚式_H29.03.05撮影
駅ビルの結婚式 H29.03.05撮影

少し早めに京都駅に帰ってきたので、駅ビル探検で楽しく時間つぶし。以前、駅ビル探検隊をしたのが役に立ちました。東側から登っていくと、7Fの東広場で結婚式に出くわしました。どなたかわかりませんが、お幸せに!

スカイウオークから_H29.03.05撮影
スカイウォークから H29.03.05撮影

スカイウォークまで上がって京都駅ビルを東から西へ。京都の街も一望できて、今回歩いた場所も大まかに復習。手軽に無料で展望できて、しかもすいているが嬉しいスポットです。

あらうま堂のラーメン_H29.03.05撮影
あらうま堂のラーメン H29.03.05撮影

お昼は拉麺小路のあらうま堂にて、たまゆラーメン。拉麺小路、この時間はどこも行列が出来ています。テーブルにあるフリーのキムチがうますぎて、ラーメンの味が頭に入ってきませんでした。(ラーメンの味は普通に美味しかったと思います)

京都駅ビル上から_H29.03.05撮影
京都駅ビル上から H29.03.05撮影

大階段の上から京都駅を見下ろします。こんな大きな階段は他の駅にはないので、大体の人が喜んでくれます。新幹線の時間待ちには、東側からスカイウォーク経由の大階段コースで京都駅ビル探検がぜひぜひおススメです。

新幹線乗り場のおみやげ店_H29.03.05撮影
新幹線乗り場のおみやげ店 H29.03.05撮影

先ほど、京都タワーの一階が工事中でお土産買えなかったので、新幹線改札内で購入しました。職場とか家へのお土産は、たいていここかタワーで間に合っちゃうんですよね。私は自分用の漬物を買って、今回は京都を後にしました。

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.04.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

【滞】神戸~そして午後から京都 3/4

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:ここのところ、タッチタイピングを学んでいます。今までもブラインドではないのに、かなり早いとは言われていたのですが、ちょっと勧められて始めてみました。最初は無理だと思ったのですが、やってくうちにできるようになってきて楽しくなってきてます。まだ実用にはなっていないんですが、初夏のころには実用化していると思います。
3月4日(土)の滞在記録

今回は所用があって、神戸に立ち寄ってからの一泊滞在となりました。前に少し書きましたが、実は最近、婚約をしましてその相手を連れてのミニ京都旅行です。短時間で、京都らしさを味わえるコースを歩いてみました。

五条坂_H28.03.04撮影
五条坂 H28.03.04撮影

京都に到着したのは15時半過ぎ、しかも一泊しかできないので、とり急ぎ京都らしいところを見せてあげようと、京都駅から五条坂のバス乗り場の所までタクシーで向かいました。この場所は、土曜日ということもあり、いつもながらの混雑ぶりですが、そこがまた観光地である京都をよく表していると思います。ここが激混みだと、いつもの京都という気がして、私はなんかホッとします。

蒟蒻しゃぼんの店_H29.03.04撮影
蒟蒻しゃぼんの店 H29.03.04撮影

清水の舞台が工事中と聞いているので清水寺には上がらず、そのまま三年坂からの二年坂を経由して、八坂神社のコースを選択しました。馬鹿の一つ覚えのような私の王道京都案内コースです。天気も良く、それほど寒くもありません。京都散策には最適な日和。阪口青龍苑のよーじ屋、蒟蒻しゃぼんと女子には興味深いお店をピックアップしつつ歩きます。

石塀小路_H29.03.04撮影
石塀小路 H29.03.04撮影

石塀小路に入ると、先ほどまでの人ごみが嘘のよう。夕方ということもあり、ほとんど人がいません。五条坂とは逆に、この場所は静かな方がありがたい。

中村楼脇の人力車_H29.03.04撮影
中村楼脇の人力車 H29.03.04撮影

いつも激しく呼び込みをしている人力車も、なぜか暇そうでした。中村楼の脇にポツンと置かれた人力車が寂しそう。二人なので、前からやりたかったブログ用に人力車に乗って(さすがに一人で人力車に乗る勇気はないので)の動画撮影も考えたのですが、時間がないこともあり諦めました。

美御前社_H29.03.04撮影
美御前社 H29.03.04撮影

八坂神社の境内にある美御前社へ。ここは美人の誉れ高い宗像三女神が祀られており、社殿の前に湧く美容水は肌が美しくなると、テレビでも度々取り上げられるところです。早速、お連れした姫も美容水を顔へつけています。

祇園白川の梅_H29.03.04撮影
祇園白川の梅 H29.03.04撮影

西楼門から東大路通りを渡って巽橋へ。巽橋の周辺で人が映りこまない写真を撮ろうと、皆がお見合いをしているのもいつも通りの風景です。白川沿いを川端通りに向かって歩いていると、ちょうど白川沿いの梅が見頃でした。

四条大橋から鴨川_H29.03.04撮影
四条大橋から鴨川 H29.03.04撮影

四条大橋を渡って河原町方面へ。前にも書いたような気がしますが、"鴨川のカップルは等間隔に座る"という京都あるあるが当てはまっていません。考えてみたら、いつも等間隔じゃないような・・・

nikiniki_H29.03.04撮影
nikiniki H29.03.04撮影

オリジナルの生八ツ橋が作れる四条木屋町のnikinikiさんへ。テレビでよく見かける店です。姫が挑戦しようとしましたが、希望の材料が在庫切れで断念しました。夕方だからかもしれません。早い時間に行った方が良いのかも。

マルイ前のパフォーマー_H29.03.04撮影
マルイ前のパフォーマー H29.03.04撮影

前にも見かけたマルイ前のパフォーマー。人だかりが出来ていて、かなりの上級者だと思います。ギャラリーの相手も結構やってくれて楽しいです。

四条通_H29.03.04撮影
四条通 H29.03.04撮影

今日の宿は四条烏丸のからすま京都ホテル。時間がないので、荷物を置いたら早速、大人の魂京都へ(初めていらした方へ~"大人の魂京都"飲みに行くということです) 夜の四条通りを東へ。

錦小路のシャッター_H29.03.04撮影
錦小路のシャッター H29.03.04撮影

途中から錦小路へ。ほとんどのお店が閉まっているか店仕舞中。店が開いてる時はわからないですね。シャッターに若冲の絵がある店はいくつかあったので、シャッターの芸術を楽しみながら歩きました。

錦天満宮の鳥居_H29.03.04撮影
錦天満宮の鳥居 H29.03.04撮影

錦小路の突き当りは天神様。壁を突き抜けた鳥居を眺めながら四条木屋町へ。前に行った長次郎へ行こうと思ったら、すでに店の前には行列が・・・諦めましたが、口の中は寿司の口になっているので、三条のがんこ寿司でもと木屋町通りを北へ向かいます。

池田屋の大階段_H29.03.04撮影
池田屋の大階段 H29.03.04撮影

結局、三条通りの池田屋に入りました。あの池田屋事件のあった場所は、居酒屋の"はなの舞"がテーマパーク的な居酒屋をやっているのです。大階段も再現されています。店員さんも新選組の羽織を法被にしているのですが、天下の新選組も150年後にこうなっているとは、全く想像がつかなかったでしょう。

池田屋の大階段_H29.03.04撮影
池田屋の大階段 H29.03.04撮影

混みあっていたので、15分ほど待って大階段の上へご案内。大階段の上はこんなことになっています。斬られた人形は上から吊るされているのですが、なかなかダイナミック。

池田屋の大階段盛_H29.03.04撮影
池田屋の大階段盛 H29.03.04撮影

テレビで紹介されていた名物の大階段盛りを注文してみました。2種類あるうちの小さい方で値段は1800円位だったと思います。店内は面白かったのですが、飲み物がなかなか出てこない店で、1時間ぐらいで退散しました。そのあとは、四富のたすくと木屋町のママトルティでいつもの大人の魂京都。さらにはもみの木ハウスでマッサージに行きましたが、料金体系がバカ高くなっていてびっくり!気軽に行ける店でなくなってしまいました。

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.04.15 | | Comments(2) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

【滞】嵐電を乗り継いで巡る 9/25

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:仕事の関係でまたまた引っ越すことになりました。隣の市なんでたいして離れてないんですが、前回の引っ越しから半年。こんなに慌ただしいのは初めてかも。DVDが多いので、準備が大変なんです。そういえば私、初めて埼玉県民になります。
9月25日(日)の滞在記録

始めにお詫びしておきます。今回、記事にするのが半年近くたってしまったので、記憶があまり定かでありません・・・誠に申し訳ないです。大雑把な記事になりますが、残された写真から、どこを歩いたか推測しながら書いています。

映る京都タワー_H28.09.25撮影
映る京都タワー H28.09.25撮影

午前中は京都駅周辺で、何かに映る京都タワーを堪能しました。何回やっても飽きませんね。写真は京都駅ビル屋上の透明なアクリル?に映る京都タワーです。幻想的なその姿をツイッターにアップしたら"天使のはしご"みたいと評した人がいました。

京都市交通局ポスター_H28.09.25撮影
京都市交通局ポスター H28.09.25撮影

スマホを見たら地下鉄・市バス応援キャラクターのそろい踏みポスターを撮ってました。地下鉄から天神川経由で嵐電の帷子ノ辻に向かったみたいです。

キネマ・キッチンのカツライス_H28.09.25撮影
キネマ・キッチンのカツライス H28.09.25撮影

昼食のお目当ては大映通り商店街のキネマ・キッチン。勝新さんと市川雷蔵さんにちなんだカツライスなるものを食べに行きました。オムライスにカレーソースのかかったカツがのってます。

蚕ノ社・三柱鳥居_H28.09.25撮影
蚕ノ社・三柱鳥居 H28.09.25撮影

嵐電で蚕ノ社へ。京都の三珍鳥居で唯一記事にできていない三柱鳥居を撮影。枯れた池に立つ三柱鳥居は、いつみてもおどろおどろしいイメージがあります。

猿田彦神社・猿の木造_H28.09.25撮影
猿田彦神社・猿の木造 H28.09.25撮影

一駅ですが嵐電に乗りました。嵐電天神川で降りて猿田彦神社へ。猿の木造の写真を撮りに行きました。建物の中にあるのでたくさん撮って、ちゃんと撮れたのはこの一枚だけ。ほとんどカンでピンと合わせてました。

大将軍神社_H28.09.25撮影
大将軍神社 H28.09.25撮影

大将軍八神社の写真がありました。嵐電で北野白梅町まで行ってそこから歩いたようです。大将軍の群像を前から見たかったのですが、見た記憶はありません。このあと千本中立売のマックで休憩しています

一条通りの妖怪 H28.09.25撮影
一条通りの妖怪 H28.09.25撮影

一条妖怪ストリートも一度、記事にしたいと思っているのですが、この写真1枚しか撮っていないということは、時間が無くて断念したようです。

多巳龍神_H28.09.25撮影
多巳龍神 H28.09.25撮影

最終的に行きたかったのは、一条通大宮西入鏡石町の路地の奥にある多已龍神。観光地でもなんでもなく、普通に街角にある路地のお社ですが、新日本風土記で取り上げられていて、一度見てみたいと思っていました。この辺り、池を埋め立てたそうですが、沢山いた蛇の祟りを鎮めるために、この龍神が祀られたと記憶しています。

新幹線の切符_H28.09.25撮影
新幹線の切符 H28.09.25撮影

一番最後にこの写真が残ってました。結構、遅くまで京都に居たみたいです。

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.02.28 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

【滞】魂京都番外編in神戸 9/24

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:何か今年のお正月は正月っぽくなかった気がします。実家で新年会しなかったせいでしょうか。なんか今年は、淡々と終わってしまったお正月でした。あ、6日からNHKで雲霧3が始まります。池波原案ということにしてオリジナルストーリーだそうなので、ちょっと楽しみです。
9月24日(土)の滞在記録

今回は"魂京都"の本題から少し離れますが、番外編としてご理解下さい。でも、読んで頂ければ、皆さまにもきっと良いことがあると信じています。

神戸の街_H28.09.24撮影
神戸の街 H28.09.24撮影

今回は、ある目的をもって神戸の街にやってきました。ところで私、今、スキンヘッドなんですが、茨木の叔父に、出がけに時期が時期なので、神戸でその頭は十分気を付けるようにと注意を受けました(笑) 神戸はサザンの 「灼熱のマンピー!! G☆スポット解禁!!」 を見に来て以来、3年ぶりの訪問です。その時は前のかみさんと一緒だったなぁとは私の心の声。

北野異人館街・風見鶏の館_H28.09.24撮影
北野異人館街・風見鶏の館 H28.09.24撮影

尋ねたのは古い洋館が立ち並ぶ、山の手の北野異人館街です。写真は風見鶏の館という、多分一番有名な場所ですが、今回の目的は"サタンの椅子"がある山手八番館座るのは元より、スマホの待受にすると願いが叶うという伝説のある椅子です。実はこの数日前に、たまたまフェイスブックで、全くの音信不通だった20歳の時の彼女と再会し、その彼女の依頼でサタンの椅子の写真を撮りに来たというわけです。

山手八番館・サタンの椅子の説明_H28.09.24撮影
山手八番館・サタンの椅子の案内 H28.09.24撮影

サタンの椅子というと、何か悪魔に魂を・・・というような雰囲気がありますが、本当は"サターン"だそうで、農耕を司る神。一般的には"サタンの椅子"と言い慣わされています。ちなみにサタンの椅子は、二つ並んで置かれており、向かって右側が女性用、左側が男性用とのことです。

山手八番館・サタンの椅子(女性用)_H28.09.24撮影
山手八番館・サタンの椅子(女性用) H28.09.24撮影

こちらが、向かって右側にある女性用の椅子です。胸像のある側の椅子と覚えておけば間違いないでしょう。左右を間違えると、願いはかなわないそうですよ。この日は、そんなに混んではいませんでしたが、何人かの女性が座って、何やらブツブツと真剣に祈っていました。私はすぐに、この写真を今回の依頼主の女性に送ってあげました。後で聞いたら、彼女は早速、待受けにして願い事をしたそうです。

山手八番館・サタンの椅子(男性用)_H28.09.24撮影
山手八番館・サタンの椅子(男性用) H28.09.24撮影

こちらは向かって左の男性用の椅子。私もついでに座って祈ってみることにしましたが、男性でそんなことをしている人はいなかったので、座り心地を試している体で、すばやく願い事を唱えてみました(笑)

山手八番館・展示品_H28.09.24撮影
山手八番館・展示品 H28.09.24撮影

私と彼女が何を願ったのかは秘密ですが、この一ヶ月後に二人は28年ぶりにまた付き合い始めました・・・28年ってドラマなら役者が変わってるレベル(笑) サタンの椅子の効果を信じるか、信じないかはあなた次第です。

鶴橋のホルモン_H28.09.24撮影
鶴橋のホルモン H28.09.24撮影

食事は駅前で安めの神戸牛を探して食べましたが、肉が食べたりなかったので大阪の鶴橋へ行ってホルモンを。噂の通り、鶴橋の駅の周辺はホルモンの店で一杯!入った店は韓国人の店員が"久しぶりのお客さんです。ありがとござます。"なんて言っていたので、大丈夫か?と思いましたが、値段も安くて美味かったです。

夜の高瀬川_H28.09.24撮影
夜の高瀬川 H28.09.24撮影

京都に戻って、この日の宿も楽天トラベルで探したホテルステーション京都。七条烏丸の珈琲館の隣にあるホテルの本館でした。宿泊客が白人の団体ばかりでちょっと焦りました。夜は例のごとく、河原町に繰り出し、四富のたすく、木屋町の歌遊(今回初。字が違うかも。ママさんが、日本で初めて女の子を置いたバーみたいなこと言ってたけどホントかな?)、人妻バー、ママトルティーといつものコースで飲んだのでした。

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.01.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

【滞】鴨川の源流を訪ねる 9/23

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:新年あけましておめでとうございます。昨年は魂京都をご覧頂きありがとうございました。ありきたりなご挨拶ではございますが、本年もどうぞよろしくお願い致します。
9月23日(金・祝)の滞在記録

四条大橋から鴨川上流_H28.09.23撮影
四条大橋から鴨川上流 H28.09.23撮影

疲れのせいか、京都にいるのに珍しくテンションが上がりません。10時にホテルを出て10時半過ぎても行先が決まらず。雨は降っていないものの、はっきりしない天候のせいかもしれません。鞍馬寺、比叡山、どこに行こうかとと迷ったあげく、結局、鴨川の源流を見に行くことにしました。久しぶりにバイクを借りることに。

レンタルバイク_H28.09.23撮影
レンタルバイク H28.09.23撮影

阪急で西院まで移動して、レンタルバイク京都の店舗で原付をレンタルしました。バイクを借りたら、運の良いことに天候は日が射すくらいに回復してきました。昼食は前回食べたグリル生研会館でもう一度!と思ったのですが、貸し切りのため残念ながら断念。スタート地点は、賀茂川(鴨川でなく)からにしたいので、出町柳まで向かい、川沿いのボンボンカフェで昼食してから出発。とりあえず加茂街道を北へ進みます。

柊野堰堤_H28.09.23撮影
柊野堰堤 H28.09.23撮影

出発後、風は冷たくなったり暖かくなったりでしたが、雨が降らなかったのは幸いでした。そういえば、この日は、2時間ほど前に藤原紀香さんが上賀茂神社で挙式でしたが、加茂街道は特に道が混んだりはありませんでした。写真は時代劇のロケでよく使われる柊野堰堤ですが、このあたりまでは川も普通の川で、周辺の景色も普通の地方の住宅街という感じです。

川の風景_H28.09.23撮影
川の風景 H28.09.23撮影

柊野を越えたら雰囲気が変わり、山道に入りました。車線が無くなったり、車のすれ違いが難しい位、細くなったり。でもたまに少し広い道になったりもして、大型トラックもちょこちょこ通ってます。夜に走るのはちょっと怖い。街灯は時折あるという感じです。道と川がくっついたり離れたりしながら、登っていきます。

市の瀬の集落_H28.09.23撮影
市の瀬の集落 H28.09.23撮影

雲ヶ畑市の瀬の集落につきました。ドラクエをやっていて、ようやく村にたどり着いた気分です。場所によっては携帯圏外の所もありますが、山の中だから仕方がない。集落の先まで行くと、川も細くなってきました。周囲は川の音と鳥の声、時折通る車の音。この辺りは、水とともに生きてる静かな山村という印象を受けました。

岩屋橋_H28.09.23撮影
岩屋橋 H28.09.23撮影

コンクリートの欄干がすっかり苔むしている岩屋橋まで到着しました。目的地まであと1.4kmほど。スマホは完全に圏外です。岩屋橋を通過すると少し登りきつくなります。あまり車の通ったあともなさげな道で、横を流れる川も完全に山中の川の風情です。数日前に台風が通過したせいか、木が倒れてちょっと荒れた感じ。

志明院_H28.09.23撮影
志明院山門 H28.09.23撮影

到着したのは岩屋山志明院というお寺です。真言宗の単立寺院で、境内の洞窟から染み出る水が、鴨川の源流になっているということを以前テレビで見て、今回訪れた次第です。司馬遼太郎が好んだ、境内の森が"もののけ姫"のモデルになったというエピソードもある興味深いお寺。掃除をしていたご婦人に案内を乞うと、時間も15時半を過ぎていたせいか、慌ただしく案内されました。なるべく早く出てきてほしいとのこと。

志明院_H28.09.23撮影
志明院山門 H28.09.23撮影

この山門の奥は写真撮影禁止とのことで、カメラも預けて山門の中に入りました。山門の中はそれほど広くなく、若干険しい山肌に小さなお社や祠、洞窟が点在していました。洞窟からは水が染み出ている様子が見えなかったので、後ほど尋ねてみると、鴨川の源流というのは宗教的な意味でということだそうで、実際に洞窟から水が染み出ているわけではないそうです。

H29.7.14追記→7/11のBS朝日"京都ぶらり歴史探訪"で志明院が取り上げられてて、神降窟(しんこうくつ)という洞窟から水が染み出ている映像がありました。また飛龍の滝をはじめ、桟敷ヶ岳から集まった水が境内を流れる映像も拝見しました。おそらく、私が見た洞窟は、神降窟ではなく歌舞伎の"鳴神"の舞台になった護摩の岩屋だったのかもしれません。いずれにしても、志明院もしくはその近辺が、宗教的な意味も含めて複数ある鴨川の源流の一つであることは間違いなさそうです。

鴨川の起点_H28.09.23撮影
鴨川の起点 H28.09.23撮影

そそこさと志明院を後にして、バイクで再び山道を下っていきます。途中、雲ヶ畑の集落の案内図で"鴨川起点"と記されている場所がありました。この川の少し奥っぽいのですが、どこなのかちょっとよくわかりませんでした。いずれにせよ、この小さな川が、やがて京都盆地を潤し、都の風情を醸す川になっていると思うと、感慨深いものがあります。

レンタルバイク京都_H28.09.23撮影
レンタルバイク京都 H28.09.23撮影

西院でバイクを返却。久々の京都バイク観光は、雨にも降られずとても快適な一日でした。翌日は神戸に行きたいところがあったので、この日はいつもの茨木の叔母の家に泊まることに。西院から阪急線で京都を後にして、茨木市駅にそのまま向かいました。

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.01.03 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR