【食】出町柳の"大"を眺めるカフェ~BON BON CAFE(ボンボンカフェ)

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。まずかったり、印象悪かった所は掲載していませんので。


ミニブログコーナー:ついこの間、私が大ファンの上七軒の勝奈さんが襟替えされたというニュースをツイッターで知りました。おめでとうございます。今後は地方として活動されるようで、もうイベントで踊りを見たりできないのかと思うと、少し寂しいですが、これからも頑張って下さい。応援しています。
ボンボンカフェ・外観_H28.09.23撮影
ボンボンカフェ・外観 H28.09.23撮影

出町のとても雰囲気のよい店でランチをしました。賀茂大橋西詰・北側にあるボンボンカフェという店です。ちなみに、この写真はテラス席側の入り口で、店の本体部分は左側になります。

ボンボンカフェ・看板_H28.09.23撮影
ボンボンカフェ・看板 H28.09.23撮影

実は半年以上前の話になるのですが、ぜひご紹介したく、今更ながら記事にしてみました。もしかしたら、メニューはもう変わっているかもしれませんが、その点はご容赦下さい。何といっても、気持ち良かったのはテラス席からは、東山の如意ヶ岳を一望しながら食事ができたこと。

ボンボンカフェ・窓から如意ケ嶽_H28.09.23撮影
ボンボンカフェ・窓から如意ケ嶽 H28.09.23撮影

ガラス越しなので写真ではよくわかりませんが、山肌に先月終わった五山送り火の"大"の字がはっきりと見えています。送り火のの時はベストスポットとして紹介されることも多いようですが、予約は不可で30席ほどのテラス席は毎年争奪戦がすごいそうです。

ボンボンカフェ・ランチ_H28.09.23撮影
ボンボンカフェ・ランチ H28.09.23撮影

立地の面でぜひオススメしたい店ですが、食事も美味しかったです。今回はハンバーグランチ税込800円(ドリンクをつけて税込1,000円)を頂いてきました。ソースがちょっとだけ香草の味がして、偏食がちの私はちょっと苦手か?と思いましたが、慣れたら大丈夫でした。添え物のポテトとマカロニが大盛りなのも嬉しい感じ。夜はアルコールもあるので、デートなどにもいいと思います。
BON BON CAFE(ボンボンカフェ):
京都府京都市上京区河原町今出川東入加茂大橋西詰(地図)
075-213-8686

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.05.26 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

【時】鬼平展

カテゴリ【時】:時代劇の話
~時代劇の感想、雑感、ニュースを書いて行きます。


ミニブログコーナー:13日に能村庸一さんがお亡くなりになったそうです。能村さんと言えば、私の大好きな吉右衛門丈の鬼平や渡辺謙さんの斬九郎をプロデュースしてくださった方で、時代劇ファンにはおなじみの方。まだお元気だと思っていたのでショックです。どうぞ安らかにお眠り下さい。
鬼平展_H29.05.19撮影

鬼平犯科帳の誕生50周年を記念して、スカイツリーで開催されているアニメの鬼平展の初日に行ってきました。ついでにスカイツリーも初。(やはりツリーには上りませんでしたが。) 入ってすぐに池波正太郎さんの直筆原稿が展示されていたのは、とても興味深かったです(ここだけ撮影禁止)。あとは、アニメの原画や設定資料など、どちらかというとアニメ自体が好きな人向けの展示のような雰囲気。私的にはもうちょっと別の情報が欲しかった感じで、1,500円はちょっと高く感じました(あくまで私的にはという感想です)。でもせっかく行ってきたので、雰囲気だけでも、写真でお伝えしようと思います。鬼平展は、スカイツリーの下、東京ソラマチの5Fスペース634で5/28まで。

鬼平展_H29.05.19撮影

鬼平展_H29.05.19撮影

鬼平展_H29.05.19撮影

鬼平展_H29.05.19撮影

鬼平展_H29.05.19撮影

鬼平展_H29.05.19撮影

鬼平展_H29.05.19撮影

鬼平展_H29.05.19撮影

鬼平展_H29.05.19撮影

鬼平展_H29.05.19撮影

鬼平展_H29.05.19撮影

鬼平展_H29.05.19撮影

関連記事

テーマ:時代劇 - ジャンル:テレビ・ラジオ

2017.05.22 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【時】時代劇の話

【動】八坂庚申堂の申(さる)

カテゴリ:【動】京都の動物~京都の街の動かない動物たち、つまりオブジェとしての動物を取り上げます。


ミニブログコーナー:5/19から東京のスカイツリーでアニメの鬼平展があるので、早速行ってこようと思います。実は私、遠くから見たことは何度もありますが、スカイツリー自体初体験です。でも京都の人が京都タワー上ったことがないってのと同じかも。記事にできるようなら鬼平展、このブログで取り上げようと思います。
八坂通_H29.04.25撮影
八坂通 H29.04.25撮影

東大路通から八坂の塔へ向かう八坂通の坂道を"夢見坂"といいます。テレビの京都番組でよく見る風景。以前、私はこの通りで、夕映えに赤く染まる八坂の塔という、まさに奇跡のような一枚を撮影したことがあります。←自慢💦

くくり猿_H29.04.25撮影
くくり猿 H29.04.25撮影

この辺りで、どこの軒先にも吊るされているのが"くくり猿"というアイテムです。今回はくくり猿を中心に、京都の申をご紹介させて頂こうと思います。先日宣言しましたが、この企画、何回もブログにするといっては、時間が無くてできなかった"やるやる詐欺"の一つになっていたので、今回こそ。

くくり猿_H29.04.25撮影
くくり猿 H29.04.25撮影

赤一色だけではなく、このようにカラフルなものもあります。軒先にくくり猿が吊るされている風景は、まさに京都・東山を切り取る代表的なワンシーンです。5匹1組なのは、五猿=ご縁にかけていると何かで聞きました。

八坂庚申堂門前_H29.04.25撮影
八坂庚申堂門前 H29.04.25撮影

くくり猿の本家本元がこちらの八坂庚申堂。正式には大黒山金剛寺という、小さな天台宗の寺院です。八坂の塔のすぐそば、八坂通に面した朱色の門の所と言えば、何となくお分かりになるかもしれません。この日、門前の八重桜は今が盛りということもあり、この辺りは写真を撮る人でたいそう混みあっています。八坂通は清水への参道でもあるので、無人の状態で撮りたいなら、この時期は特に、早朝に来ないと無理です。

八坂庚申堂門前_H29.04.25撮影
八坂庚申堂門前 H29.04.25撮影

頑張って、ひと気が無い一瞬を狙ってみました。ちなみに八坂庚申堂は、日本三大庚申の一つとされています。庚申というのは、庚(かのえ)申(さる)の日に人間の中にいる三尺の虫が、寝ている間にその人のした悪事を天帝に告げ口しにいくため、徹夜をしてその虫を体の外に出さないという民間伝承です。とはいうものの、夜明かしで酒宴をしていたりと、娯楽の少ない昔の人には楽しい晩でもあったようです。

びんずるさんのお堂_H29.04.25撮影
びんずるさんのお堂 H29.04.25撮影

境内は狭いのですが、中央には、色とりどりのくくり猿が大量に取り付けられたお堂があります。先日テレビでインスタ映えする場所ということで取り上げられており、自撮りをする着物姿の女性の姿が絶えません。このカラフルさも、女性の心を惹きつけるのでしょう。知らない男性のグループに撮影を頼んでいる人もいます。ここで出会いがあったりもするのかも。

びんずるさんのお堂_H28.05.02撮影
びんずるさんのお堂 H28.05.02撮影(昨年撮影したもの)

このお堂に祀られているのは、十六羅漢の第一、賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)。各地の寺院で"おびんづるさま"、"びんずるさん"の名で親しまれています。撫でると病気が治るといわれる撫で仏です。場所によっては、皆が撫でるので、像がツルツルになっているところもあります。

びんずるさんのお堂_H29.04.25撮影
びんずるさんのお堂 H29.04.25撮影

この通り、お堂の裏側まで、くくり猿がびっしり取り付けられています。裏側からだと、屋根が無ければ一体何の建物かわからないほど。

くくり猿_H29.04.25撮影
くくり猿 H29.04.25撮影

奉納用のくくり猿は、境内の社務所で1つ五百円で販売されています。くくり猿の形は、猿が四肢を縛られた(くくられた)姿です。人間の欲望を猿に例えて、これを制御しなければならないことを意味しています。

くくり猿_H29.04.25撮影
くくり猿 H29.04.25撮影

欲を我慢する代わりに、願い事が一つ叶うのだそう。そのため、皆さん、くくり猿の瀬に願い事を書いているのです。中にはなかなかエッジの効いた願い事をしている人も・・・ある程度ましって(笑)→みうらじゅんさんのムカエマ的に

本堂のくくり猿_H29.04.25撮影
本堂のくくり猿 H29.04.25撮影

本堂正面にも、数えきれないほどのくくり猿が、こぼれるほどに取り付けられています。本堂には八坂庚申堂の本尊、青面金剛が祀られています。青面金剛の使いが猿なので、猿がくくられているというわけです。くくり猿の中には、八坂庚申堂の本尊、青面金剛の御札が入っているのだとか。

本堂のくくり猿_H29.04.25撮影
本堂のくくり猿 H29.04.25撮影

本堂の正面には、だいぶ年季が入ったくくり猿が集められています。庚申堂の周辺で見かけた赤い五連のくくり猿もありますね。正面には"見ざる聞かざる言わざる"の三猿の古い木像も。他にも猿はいないか探してみました。

提灯_H29.04.25撮影
提灯 H29.04.25撮影

くくり猿を知っていないとわかりませんが、本堂の奉納提灯の図柄がくくり猿になっています。

香炉の三猿_H29.04.25撮影

香炉の三猿_H29.04.25撮影

香炉の三猿_H29.04.25撮影
香炉の三猿 H29.04.25撮影

本堂の前の香炉を三猿が背負っていました。正面が"言わざる"です。小さな背中で健気に香炉を支えている姿は、何となく微笑ましいものがあります。

石灯篭の三猿_H29.04.25撮影

石灯篭の三猿_H29.04.25撮影

石灯篭の三猿_H29.04.25撮影
石灯篭の三猿 H29.04.25撮影

だいぶ摩耗していますが、びんずるさんのお堂の後ろの石灯籠にも、三方に三猿が彫られています。

屋根の三猿_H29.04.25撮影
屋根の三猿 H29.04.25撮影

まだありました。見上げてみると、屋根の上の鬼瓦の部分に三猿がいます。危うく見逃すところでした。私が見つけることのできた庚申堂の猿は以上でした。

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.05.19 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【動】京都の動物

【食】烏丸御池でジモティーなランチ~soto(ソト)

カテゴリ【食】:京都で食べる
~私が京都で食べた店、食べたい店をご案内します。味音痴なのでグルメガイドはできません。まずかったり、印象悪かった所は掲載していませんので。


ミニブログコーナー:私はアジサイの栽培が趣味なんですが、今年もだんだん花芽が大きくなってきました。アジサイ愛好家には今が一番楽しみな季節です。毎年、挿し枝で増やしていますが、一昨年、智積院さんから頂いた株、今年も美しく咲きそうです。
soto_H29.04.25撮影
soto・外観 H29.04.25撮影

烏丸御池辺りでランチをしようとして、スマホで発見した店です。表通りから少しだけ入った姉小路通東洞院東入ルにあります。1Fが"やたいや"という居酒屋になっているビルの地下一階です。何となく地下に定食屋があるとは思えない雰囲気なのですが、表に看板が出ているのですぐわかります。

soto・看板_H29.04.25撮影
soto・看板 H29.04.25撮影

看板を見ると定食屋にしてはおしゃれな感じです。早速地下へ降りてみると、打ちっ放しの天井と壁、床は昔の電車のような木の板の床で、やはりカフェ的な感じの店でした。BGMも何となくクラブ風?カウンター5席と6人程度のテーブルが3台ある小さなお店で、地元にあれば身内で貸切ったりするにはちょうどイイ感じサイズですかね。カウンターにはサラリーマンが2人と後は地元らしき女性同士がテーブルに2組で、烏丸御池の若いサラリーマンや地元の人御用達っぽいお店。

soto・メニュー_H29.04.25撮影
メニュー H29.04.25撮影

早速、本日の日替わり定食のチキンカツチリソース(680円)を注文しました。ご飯は白米と十六穀米から選べます。どちらにしても値段は変わりません。

チキンカツチリソース_H29.04.25撮影
チキンカツチリソース H29.04.25撮影

ほどなくして定食が到着。写真のご飯が山盛りなのは50円増しで大盛りにしたからです。内容は、レタスの上にチリソースのチキンカツ、ひじき、柴漬け、しらすの乗った豆腐に味噌汁。ご飯が十六穀米ということもあって、健康に良さそうなメニューです。味付けは全体的に上品な味付けで、チリソースはちょっと甘めな感じ。カツが小さくて四切れなので、ご飯とのペース配分が難しい。空腹の男性にはちょっと足りないかもしれません。店内にはチキンカツ2枚で880円という案内もあったので、それにすれば良かった。後でお腹が空きそうなので、アジフライ(250円)を追加。アジフライは熱々のものが出てきて、しょっぱめ。マヨネーズで食べるのが懐かしい。アジフライは注文後に揚げてくれるので、少し時間がかかり、先に頼んでおけば良かったです。最終的に大盛りのご飯が意外に量があって(茶碗2杯分)、腹がパンパンになってしまいました。アジフライ頼むならご飯は普通でもよかったかもしれません。お代はトータルで税込み980円でした。

soto・看板_H29.04.25撮影
営業時間 H29.04.25撮影

メニューを見るとあくまで食事メインのようですが、ビールやサワーなどのアルコールも置いているので、夜の食事にもいいかもしれません。私の場合、このお店が四条河原町にあったら、飲みの前に食事に来るかもしれません。ちなみに無期限のスタンプカードは定食1回につき1個で、10個貯めると定食一回無料です!
soto(ソト):
京都府京都市中京区姉小路通東洞院東入る笹屋町446 井上ビル B1F(地図)
075-212-5161

関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.05.16 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【食】京都で食べる

【滞】やるやる詐欺解消の京の旅 4/25~26 その2

カテゴリ【滞】:京都での滞在記録
~備忘録も兼ねた京都での行動記録です。基本、取材旅行の過密スケジュールなので観光の参考にはならないと思います。後日、他のカテゴリで大きく取り上げる部分はさらっと流します。


ミニブログコーナー:当ブログやツイッターの自己紹介文には既に追記済みなのですが、この度、私は"勝手に京都観光大使"を自称することに致しました。活動内容は今までと変わりませんが、京都の良さを口を酸っぱくしつつ、今まで以上に喧伝していきます。どうぞ宜しく!憧れの人はもちろん京都出身の"みうらじゅん"さんです。
4月25日(火)-4月26日(水)の滞在記録(続き)

宮川町_H29.04.25撮影
宮川町 H29.04.25撮影

安井金毘羅宮から建仁寺を抜け八坂通りへ。八坂通は真っすぐなのでこの辺りからも、通りの先に八坂の塔が小さく見えます。そして間もなく、夜を迎える火点し頃の宮川町界隈。途中、舞妓さん見習いらしき方とすれ違いました。

リッチホテル_H29.04.25撮影
リッチホテル H29.04.25撮影

今晩の宿泊は河原町五条のリッチホテルです。いつもの通り、当日夕方のドタキャン枠狙いでツインの部屋を5,000円でゲット。最近、改装したようで、入り口には花がたくさん並んでいました。

かっぱ寿司・京のとんぼ店_H29.04.25撮影
かっぱ寿司・京のとんぼ店 H29.04.25撮影

少し休憩してから、大人の魂京都へ出発。何となく寿司が食べたくなって、河原町三条のむさしへ行こうとしたら、竜馬殉難碑の隣にかっぱ寿司が出来ていたのでここで夕食。ここもむさし同様、白人系の外人さんが多いです。

木屋町_H29.04.25撮影
木屋町 H29.04.25撮影

腹ごしらえをして、四富のたすく、木屋町のママトルティ、英楽へ。ママトルティではサザン信者でもある老舗飲食店のマスターと1年ぶりに再会。サザン談義で大いに盛り上がりました。

渉成園の土塀_H29.04.26撮影
渉成園の土塀 H29.04.26撮影

翌朝、この日は新大阪から新幹線に乗ることになっていたので9時にホテルをチェックアウト。昨晩、本当は茨木の親戚宅へ泊るつもりが、先方の都合が悪くなり泊まれなかったのです。軽く雨が降る中、河原町通を下って京都駅へ向かいます。

高倉跨線橋_H29.04.26撮影
高倉跨線橋 H29.04.26撮影

先日ニュースで、八条口から新福菜館へ行くことのできる跨線橋の歩道が整備されたと聞いたので、見に行こうと思ったのですが、雨が強くなってきたので断念しました。

羅生門の模型_H29.04.26撮影
羅生門の模型 H29.04.26撮影

グランヴィアの前あたりに羅生門の模型が置かれていました。この間までなかったような気が・・・?結構大きくて、10分の1模型だそう。門番も二人います。

東寺・五重塔_H29.04.26撮影
東寺・五重塔 H29.04.26撮影

京都線で新大阪に行き、良く買う蓬莱の豚まんを新大阪で購入、今度は間違いなく10:53のこだまに乗れました。最後の京都との別れは、新幹線の車窓から見る当時の五重塔。この風景を見れただけで、たまには新大阪から乗ってみるものだとしみじみ思うのでした。


関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

2017.05.12 | | Comments(0) | Trackback(0) | 【滞】京都での滞在記録

«  | HOME |  »

タイムライン

リンク


京都市 ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

都の商売人様バナー
都の商売人様運営サイト
“空想の匣”

プロフィール

SOULKYOTO

Author:SOULKYOTO
東京生まれの東京育ち、でも魂は京都人
自称・勝手に京都観光大使

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR